大久保愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおくぼ あい
大久保 愛
生誕 (1985-10-21) 1985年10月21日(35歳)
日本の旗 日本・秋田県
国籍日本の旗 日本
職業薬剤師、国際中医師、国際中医美容師漢方医学専門家、作家薬膳料理研究家あきたいざたんアンバサダー
代表作1週間1つずつ心がバテない食薬習慣(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

大久保 愛(おおくぼあい、1985年10月21日-)は、日本の薬剤師、漢方医学専門家、中医師、中医美容師、薬膳料理研究家、作家。東洋医学と西洋医学を活用しセルフメディケーションの普及を行うアイカ製薬株式会社代表取締役。

経歴[編集]

秋田県出身。昭和大学薬学部生薬学・植物薬品化学研究室を卒業し、薬剤師資格を取得。 故郷である秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもち、薬剤師資格取得後に北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学ぶ。日本人初の国際中医美容師の資格を取得[1]

2010年にアイカ製薬株式会社を立ち上げ、漢方相談薬局、精神科門前の調剤薬局、エステ、整体などの経営や漢方カウンセラーとして年間2000人以上の女性のお悩みに応えてきた実績[2]もあり、漢方、薬膳を始め医療と美容の専門家として商品開発・飲食店等の薬膳レシピ開発・執筆・企業コンサルティングなどに携わっている。 セルフメディケーション推進の一環として『漢方×腸活×栄養学』の理論をつかった”食薬”の普及も行っている。食薬・漢方関連の書籍の出版やオンライン食薬・漢方相談システムであるクラウドサロンの開発も行っている。

2019年から、著作活動を活発化し『1週間1つずつ心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)は7万部突破[3]の話題作となり2020年に、中国でも出版されている[4]。その後、続編として『1週間1つずつ体がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『女性の「なんとなく不調」に効く食薬事典』(KADOKAWA)、『心と体が強くなる!食薬ごはん』(宝島社)、初のレシピ本である『不調がどんどん消えていく食薬ごはん便利帖』(世界文化社)などを出版している。

著書[編集]

単著

薬膳ブランド[編集]

薬膳・食薬プロデュースブランド

メディア[編集]

連載[編集]

過去の出演[編集]

テレビ番組

ラジオ番組

外部リンク[編集]

  1. ^ 講師情報 TBS CASTING
  2. ^ 大久保愛 Discover
  3. ^ 風邪やインフルエンザが流行る季節。「食薬習慣」で強い体をつくりましょう! PR TIMES
  4. ^ 出版のご報告 アイカ製薬