多賀幹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

多賀幹子(たがみきこ)は、東京都出身のフリージャーナリストである。

人物・来歴[編集]

東京都杉並区区立中学校の生徒であった時期がある[1]お茶の水女子大学文教育学部国文科[2] 卒。広告会社の編集者を経て、フリージャーナリストへ。女性・教育・異文化を取り上げる。

メーカー勤務の夫の転勤のため[3] 1983年から5年間アメリカ合衆国のニューヨークに滞在。

帰国後の1989年6月23日付け朝日新聞「論壇」に、「米国誘拐に警戒を強めよ」を掲載し、米国におけるチャイルドミッシングを紹介。その後現在に至る「子供を狙った事件の頻発」論に道を開くと同時に、男の子であっても油断はならないと主張した。

著書[編集]

  • 追いつめられた子供たち--アメリカはここまで病んでいる(PHP研究所、1987年)
  • トゥイナー(普通人)たちのニューヨーク(時事通信社、1988年)
  • シングル・マインド--ニューヨークの女たちはいま(学陽書房、1989年)
  • その名はアメリカ大統領夫人(ファースト・レディー)--41の愛と野望(徳間書店、1990年)
  • ニューヨークで夢探し--女たちが語る「家庭」と「仕事」(時事通信社、1991年)
  • ラブ・ウォーズ--東京-ニューヨーク(飛鳥新社、1991年)
  • 広い国で考えた狭い国のこと--今こそ学ぶアメリカの心(PHP研究所、1992年)
  • 中学合格はママにあり(朝日新聞社、1992年)
  • ”ママ”ほど素敵なドラマはない--子どものいる人生を選んだ私と彼女たち(PHP研究所、1993年)
  • アメリカ「性事情」報告(朝日新聞社、1993年)
  • これが、私の英語です--各界著名人が語る「英語の履歴書」(研究社出版、1993年)
  • リベラル党発進--国弘正雄の護憲と非戦(三友社出版、1994年)
  • 帰国子女の就職白書--ニッポンの社会に出てみたら(研究社出版、1995年)
  • いじめ克服法--アメリカとイギリスのとりくみ(青木書店、1997年)
  • ダイアナ死して、英国は蘇る(毎日新聞社、1998年)
  • アフタヌーン・ティーはコーヒーで--生まれ変わったイギリス(NHK出版、2001年)
  • ソニーな女たち(柏書房、2004年)
  • 育児は3E--子どもと共に育つ親になるために(NHK出版、2005年)
  • 親たちの暴走--日米英のモンスターペアレント(朝日新書、2008年)
  • うまくいく婚活、いかない婚活(朝日新書、2010年)
  • 子どもの”自学”する力を育むKUMON(PHP研究所、2014年)

訳書[編集]

  • カルト教団からわが子を守る法(J・C・ロス、M・D・ランゴーニ著、朝日新聞社、1995年)

脚注[編集]

  1. ^ 『中学合格はママにあり』(多賀幹子。朝日新聞社。1992年6月5日第1刷。1992年12月10日第3刷)p 19に「こんなのは東京・杉並の区立中学校の生徒であった時、私は経験しなかった。」と記載されている。
  2. ^ 『中学合格はママにあり』(多賀幹子。朝日新聞社。1992年6月5日第1刷。1992年12月10日第3刷)の『奥付』の『多賀 幹子(たが みきこ)』に「お茶の水女子大学文教育学部国文科卒業」と記載されている。
  3. ^ 『中学合格はママにあり』(多賀幹子。朝日新聞社。1992年6月5日第1刷。1992年12月10日第3刷)p 7に「私たち一家が、メーカー勤務の夫の転勤のために、アメリカのニューヨークに引っ越したのは、1983年のことであった。」と記載されている。