多田容子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
多田 容子
(ただ ようこ)
誕生 1971年????
日本の旗 日本香川県高松市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1999年 -
ジャンル 時代小説
主な受賞歴 兵庫県芸術奨励賞(2004年)
デビュー作 『双眼』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

多田 容子(ただ ようこ、1971年昭和46年)[1] - )は、日本小説家、古武術研究家[2]三重県伊賀市在住。

来歴[編集]

香川県高松市に生まれ、兵庫県尼崎市園田で育つ。1993年京都大学経済学部卒業。在学中から小説を書き始める。卒業後は保険会社に入社するも同年12月に退職。小説家への道を目指す。時代小説大賞には1996年から3年連続で最終候補に残る。1999年、『双眼』(講談社)にてデビュー。

人物[編集]

小学生の頃からテレビの時代劇のファン。武術古武術忍術手裏剣術についても造詣が深く、講演も行っている。居合道3段。2004年兵庫県芸術奨励賞を受賞。2013年から三重県伊賀市に在住。

作品一覧[編集]

長編小説[編集]

  • 「双眼」(講談社、1999年)
  • 「柳影」(講談社、2000年)
  • 「やみとり屋」(講談社、2001年)
  • 「秘剣の黙示」(講談社、2001年) - 文庫では「女剣士・一子相伝の影」に改題
  • 「甘水岩」(PHP研究所、2004年)
  • 「月下妙剣」(講談社、2005年)
  • 「柳生双剣士」(講談社、2006年)
  • 「柳生平定記」(講談社、2006年)
  • 「おばちゃんくノ一 小笑組」(PHP文芸文庫、2012年)
  • 「諸刃の燕」(集英社文庫、2012年)
  • 「女忍隊の罠 おばちゃんくノ一 小笑組」(PHP文芸文庫、2013年)
  • 「寝太郎与力 映之進」(富士見書房、2015年)

短編小説[編集]

  • 「黒船忍者」(徳間文庫 歴史時代作家クラブ編「幕末スパイ戦争」収録、2015年)

インターネット連載[編集]

  • 「金四郎と九十郎」(web集英社文庫)[3]

ノンフィクション・その他[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 兵庫県芸術文化協会 兵庫県芸術奨励賞 多田容子さん (作家) 素顔拝見
  2. ^ 平成の徳川家臣ら一堂 基調講演やパネル討論 静岡|静岡新聞アットエス
  3. ^ 金四郎と九十郎”. web集英社文庫. 2016年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]