多田哲哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

多田 哲哉(ただ てつや、1957年3月7日 - )は、トヨタ自動車株式会社の技術者で同社スポーツ車両統括部長。

経歴[編集]

愛媛県新居浜市出身。1979年名古屋大学卒業と同時にコンピューターシステムのベンチャー企業を立ち上げた後、1987年にトヨタ自動車に入社。ABSの開発に携わった後、1993年にはドイツでWRCのシャシー制御システム開発を担当した。

1998年に製品企画本部へ異動。初代ファンカーゴ、初代bB、2代目ラウム、初代パッソ、初代ラクティス等多数の車種開発を担当。

2007年にスポーツ企画統括へ異動し、スポーツモデル全般の企画統括を務める。 2010年スポーツ車両統括部ZRチーフエンジニアに就任。2011年製品企画本部ZRチーフエンジニア就任。翌2012年には富士重工業(スバル)と共同開発したスポーツカー、86を登場させた。2014年スポーツ車両統括部長を兼務。トヨタ全体のスポーツモデル統括を担当[1]

2018年にワールドプレミアされたスープラの開発も担当している。

人物[編集]

  • 学生時代はモータースポーツに熱中し、86発売時点のトヨタのチーフエンジニアとしては唯一S2運転資格を持っている。またラクティス開発時、「これでワンメイクレースをやりたい」と公言していた[2]
  • 86/BRZ開発を共同で担当した、スバルの増田年男は多田を「とても夢のある人です」と評し、逆に多田は増田を「非常に穏やかな人。(中略)増田さんは我々の好き勝手な要望を黙って聞いてくれました」語っている。
  • 86以外の好きなスポーツカーに、完成度の高さやしっかりとした思想からポルシェを挙げている[3]
  • スープラGRスーパーコンセプト発表時のインタビューで、「マニュアルってまだ必要ですか?」と発言し、車好きたちの議論を呼んだ[4]

脚注[編集]