夏目イサク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夏目 イサク
生誕 ????7月30日
日本の旗 日本兵庫県
職業 漫画家
活動期間 2000年 -
ジャンル ファンタジーボーイズラブ
代表作タイトロープ
『飴色パラドックス』
受賞 第107回LMSベストルーキー賞(『ハッピーヘブン』)
第27回LMGゴールドデビュー賞(『SUPER MASTER』)
テンプレートを表示

夏目 イサク(なつめ いさく、7月30日[1] - )は、日本の漫画家。女性[2]血液型はO型[1]兵庫県出身[3]大阪府在住[1]。趣味は読書と旅行[1]

略歴[編集]

  • 2000年、『ハッピーヘブン』が第107回LMSベストルーキー賞を受賞し、『LaLaDX』(白泉社)2001年1月号に掲載されデビュー。
  • 2001年、『SUPER MASTER』が第27回LMGゴールドデビュー賞を受賞し、『LaLa』(同)2001年10月号に掲載。
  • 2003年に発表した『ノーカラー』がデビュー作ということになっている[3]
  • 2013年、デビュー10周年を記念したスペシャルブック『夏目イサク ファンブック』が発売された[4]
  • 2016年、『飴色パラドックス』が「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2016」で9位を受賞[5]
  • 2019年3月に「デビュー15周年記念展」が開催された[6]

人物[編集]

美味しいものが大好きで、なんでも食べる[7]

ボーイズラブとの出会いは小学6年生の時に姉の友達から同人誌が回ってきた時である[7]樹なつみ田村由美清水玲子の世界観が好き[7]

主な作品[編集]

白泉社
  • ハッピーヘブン(『LaLaDX』2001年1月号)
  • SUPER MASTER(『LaLa』2001年10月号)
  • 明日ノ君ニ告ゲヨウ(『LaLaDX』2001年11月号)
新書館
  • ノーカラーシリーズ
    • ノーカラー(『ディアプラス』2003年11月号[8]
    • ストロボ(『ディアプラス』2004年3月号[9]
    • アンダーオーバー(『ディアプラス』2004年7月号[10]
    • ドリーバック(『ディアプラス』2005年1月号[11]
    • パノラマ(『ディアプラス』2005年6月号[12]
  • どうしようもないけれどシリーズ
    • どうしようもないけれど(『ディアプラス』2005年9月号[13]
    • ホントのことはわからない(『ディアプラス』2006年1月号[14]
    • たりないものはひとつだけ(『ディアプラス』2006年3月号[15]・4月号[16]
    • だから今もこれからも(『ディアプラス』2006年7月号[17]
    • 内緒の話は明日まで(『ディアプラス』2006年10月号[18]・11月号[19]
    • たぶんきっとあの時に(『ディアプラス』2007年1月号[20]
    • みんなの街の電気屋さん(『ディアプラス』2007年4月号[21]
    • 春なので(『ディアプラス』2007年5月号[22]・6月号[23]
    • どうしようもないけれど リターンズ(『ディアプラス』2008年10月号[24]
    • ドラマCD『どうしようもないけれど』アフレコレポート(『ディアプラス』2009年3月号[25]
  • フリーパンチ(『ディアプラス』2007年7月号[26]・8月号[27]
  • タイトロープ(『ディアプラス』2008年1月号[28]、2008年7月号[29] - 2008年9月号[30]) - 読み切り掲載後、連載。
    • タイトロープ アニメDVDアフレコレポート(『ディアプラス』2012年6月号[31]・7月号[32]
  • あやかり草紙(『ウィングス』2008年4月号[33] - 2014年12月号[注釈 1]) - 『ウィングス』初掲載作品[33]。読み切りとして掲載後[33]、不定期連載[44]
  • シュガーコード(『ディアプラス』2009年1月号[45]・8月号[46] - 2009年12月号[47]
  • 飴色パラドックス(『ディアプラス』2010年1月号[48] - 2012年6月号[49]→『シェリプラス』2014年ハルvol.12[50] - 連載中)
    • 飴色パラドックス ドラマCDアフレコレポート(『ディアプラス』2011年8月号[51]
  • いかさまメモリ(『シェリプラス』vol.1[52] - 2013年ナツvol.9[53]
    • CD「いかさまメモリ」アフレコレポート(『ディアプラス』2014年6月号[54]
  • ハートの隠れ家(『ディアプラス』2012年9月号[55] - 2015年8月号[56]
    • ハートの隠れ家 ドラマCD第2巻アフレコレポート(『ディアプラス』2015年11月号[57]
  • 花恋つらね(『ディアプラス』2015年12月号[58][59] - 連載中) - 連載前の仮タイトルは「てんてれつく(仮)」[60]
  • 熱帯デラシネ宝飾店(原作:嬉野君、『ウィングス』2016年6月号[61] - 連載中[注釈 2]
ホーム社
  • ハウスバッカー(『BLink』2011年創刊号[62] - ) - 単行本は新書館より刊行。

イラスト[編集]

新書館〈ディアプラス文庫〉
  • 臆病な背中(著:おのにしこぐさ、2006年2月刊[63]、全1巻)
  • 純情アイランド(著:砂原糖子、2006年8月刊[64]、全1巻)
  • 好きになってはいけません(著:桜木知沙子、2008年1月刊[65]、全1巻)
  • どっちにしても俺のもの(著:久我有加、2008年4月刊[66]、全1巻)
  • 初心者マークの恋だから(著:いつき朔夜、2008年9月刊[67]、全1巻)
  • ハッピーボウルで会いましょう(著:名倉和希、2013年4月刊[68]、全1巻)
  • 藍苺畑でつかまえて(著:小林典雅、2013年6月刊[69]、全1巻)
  • 全寮制男子校のお約束事(著:砂原糖子、2014年12月刊[70]、全1巻)
新書館〈ウィングス文庫〉
  • ペテン師一山400円(著:嬉野君、2009年4月刊[71]、全1巻)
  • 弾丸のデラシネ(著:嬉野君、2017年2月 - 刊、既刊2巻) - 『熱帯デラシネ宝飾店』の前日譚小説。

参加作品[編集]

  • 『ディアプラス』ライバル特集 イラスト(『ディアプラス』2006年8月号[72]
  • 『ディアプラス』ツンデレ受特集 イラスト(『ディアプラス』2008年12月号[73]
  • 萌え男子がたり 第2弾(2010年12月2日発売[74]
  • 東日本大震災被災地への応援メッセージ・イラスト(リブレ出版公式サイト、2011年[75]
  • マンガ家と作るBLポーズ集(5)友達から恋人へ篇(2013年4月16日発売[76]) - 監修担当。
  • 『ディアプラス』ネクタイ特集 コミック(『ディアプラス』2013年12月号[77]
  • はじめてのボーイズラブ」特集(『on BLUE』vol.22[78]
  • BLクリエイターズ 甘くてエロスなセカイを描くBL漫画家67人(2019年4月19日発売[79]
  • COMIC MARKET 45th Anniversary Book(2020年12月28日発売[80]) - 「コミックマーケット」の45周年を記念したイラスト集。

書誌情報[編集]

記事が存在するものは、それを参照。

新書館〈ディアプラス・コミックス〉
  • ノーカラー(2005年11月28日発売[81]ISBN 4-403-66127-0、全1巻)
  • どうしようもないけれど(2007年、全2巻)
    1. 2007年2月28日発売[82]ISBN 978-4-403-66165-5
    2. 2007年11月30日発売[83]ISBN 978-4-403-66186-0
  • タイトロープ(2008年12月25日発売、全1巻)
  • フリーパンチ(2009年8月27日発売[84]ISBN 978-4-403-66255-3、全1巻)
      • 「絡陽館ワイドショウ」併録。
  • シュガーコード(2010年8月30日発売[85]ISBN 978-4-403-66283-6、全1巻)
  • 飴色パラドックス(2011年 - 刊、既刊5巻)※2019年11月1日現在。
    1. 2011年3月30日発売[86]ISBN 978-4-403-66303-1
    2. 2012年9月29日発売[87]ISBN 978-4-403-66360-4
    3. 2015年10月30日発売[88]ISBN 978-4-403-66492-2
    4. 2017年10月2日発売[89]ISBN 978-4-403-66596-7
    5. 2019年11月1日発売[90]ISBN 978-4-403-66699-5
  • いかさまメモリ(2012年 - 2013年刊、全2巻)
    1. 2012年4月28日発売[91]ISBN 978-4-403-66344-4
    2. 2013年10月30日発売[92]ISBN 978-4-403-66405-2
  • ハートの隠れ家(2013年 - 2015年刊、全4巻)
    1. 2013年5月30日発売、[93]ISBN 978-4-403-66386-4
    2. 2013年12月28日発売、[94]ISBN 978-4-403-66411-3
    3. 2015年1月30日発売、[95]ISBN 978-4-403-66457-1
    4. 2015年9月30日発売、[96]ISBN 978-4-403-66487-8
  • 花恋つらね(2016年 - 刊、既刊6巻)※2020年12月28日現在。
    1. 2016年5月30日発売[97][98]ISBN 978-4-403-66522-6
    2. 2017年3月1日発売[99]ISBN 978-4-403-66559-2
    3. 2018年4月2日発売[100]ISBN 978-4-403-66626-1
    4. 2019年2月1日発売[101]ISBN 978-4-403-66667-4
    5. 2020年2月1日発売[102]ISBN 978-4-403-66714-5
    6. 2020年12月28日発売[103]ISBN 978-4-403-66755-8
  • 夏目イサク全集(2019年刊、全3巻)
    1. 2019年11月1日発売[104][105]ISBN 978-4-403-66701-5
      • 『ダッシュ!』『ノーカラー』を収録。
    2. 2019年12月2日発売[106]ISBN 978-4-403-66709-1
      • 『どうしようもないけれど』『春なので』シリーズを収録。
    3. 2019年12月28日発売[107]ISBN 978-4-403-66713-8
      • 『タイトロープ』『シュガーコード』を収録。
  • ハウスバッカー(2020年8月3日発売[108]ISBN 978-4-403-66737-4
      • 「アイとセイシュンの日々」「アイと逃走の日々」「甘い香りがするんです。」「ケーキ屋さんのバレンタインデイ」「君といつまでも」併録。
新書館〈ウィングスコミックス〉

アンソロジー[編集]

  • 是-ZE- ファンブック(2010年4月25日発売[118]
  • 生徒会長に忠告公式アンソロジー(2013年4月25日発売[119]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2008年4月号[33]、2010年2月号[34]・4月号[35]・12月号[36]、2011年4月号[37]・6月号[38]・10月号[39]、2012年10月号[40]、2013年10月号[41]、2014年8月号[42] - 2014年12月号[43]に掲載。
  2. ^ 2017年4月号・10月号、2018年6月号、2019年4月号、2020年2月号・8月号は休載。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 夏目イサク BL情報サイト ちるちる” (日本語). https. 2021年2月10日閲覧。
  2. ^ 夏目イサクの一覧 プロフィール”. BookLive. 2021年2月19日閲覧。
  3. ^ a b 夏目イサクの全覧 著者略歴”. ebookjapan. 2021年2月19日閲覧。
  4. ^ 夏目イサク ファンブック”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  5. ^ “全国書店員が選んだBLランキング、1位は昨年に続き「テンカウント」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年3月10日). https://natalie.mu/comic/news/179339 2021年3月3日閲覧。 
  6. ^ “夏目イサクのデビュー15周年記念展が大阪で、Webサイン会も開催”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年2月14日). https://natalie.mu/comic/news/320011 2021年2月19日閲覧。 
  7. ^ a b c 夏目イサク先生インタビュー!”. Renta!. 2021年2月19日閲覧。
  8. ^ ディアプラス 2003年11月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  9. ^ ディアプラス 2004年3月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  10. ^ ディアプラス 2004年7月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  11. ^ ディアプラス 2005年1月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  12. ^ ディアプラス 2005年6月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  13. ^ ディアプラス 2005年9月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  14. ^ ディアプラス 2006年1月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  15. ^ ディアプラス 2006年3月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  16. ^ ディアプラス 2006年4月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  17. ^ ディアプラス 2006年7月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  18. ^ ディアプラス 2006年10月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  19. ^ ディアプラス 2006年11月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  20. ^ ディアプラス 2007年1月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  21. ^ ディアプラス 2007年4月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  22. ^ ディアプラス 2007年5月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  23. ^ ディアプラス 2007年6月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  24. ^ ディアプラス 2008年10月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  25. ^ ディアプラス 2009年3月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  26. ^ ディアプラス 2007年7月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  27. ^ ディアプラス 2007年8月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  28. ^ ディアプラス 2008年1月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  29. ^ ディアプラス 2008年07月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  30. ^ ディアプラス 2008年09月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  31. ^ ディアプラス 2012年6月号”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  32. ^ ディアプラス 2012年7月号”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  33. ^ a b c d ウィングス 2008年4月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  34. ^ ウィングス 2010年2月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  35. ^ ウィングス 2010年4月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  36. ^ ウィングス 2010年12月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  37. ^ ウィングス 2011年4月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  38. ^ ウィングス 2011年6月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  39. ^ ウィングス 2011年10月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  40. ^ ウィングス 2012年10月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  41. ^ ウィングス 2013年10月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  42. ^ ウィングス 2014年8月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  43. ^ ウィングス 2014年12月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  44. ^ “夏目イサクのハートフル不思議譚「あやかり草紙」の朗読劇、7月に上演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年5月11日). https://natalie.mu/comic/news/146803 2021年3月3日閲覧。 
  45. ^ ディアプラス 2009年1月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  46. ^ ディアプラス 2009年8月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  47. ^ ディアプラス 2009年12月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  48. ^ ディアプラス 2010年1月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  49. ^ ディアプラス 2012年6月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  50. ^ シェリプラス 2014年ハルvol.12”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  51. ^ ディアプラス 2011年8月号”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  52. ^ シェリプラス vol.1”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  53. ^ シェリプラス 2013年ナツvol.9”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  54. ^ ディアプラス 2014年6月号”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  55. ^ ディアプラス 2012年9月号”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  56. ^ ディアプラス 2015年8月号”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  57. ^ “ディアプラスにて「お風呂で」特集、河井英槻&草間さかえのピンナップも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年10月14日). https://natalie.mu/comic/news/162800 2021年3月3日閲覧。 
  58. ^ “夏目イサクが梨園の御曹司同士描く新連載、ディアプラスで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年11月15日). https://natalie.mu/comic/news/166025 2021年3月3日閲覧。 
  59. ^ ディアプラス 2015年12月号”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  60. ^ “夏目イサクのファンミがお台場で!トークに新連載のハイライト公開も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2015年10月15日). https://natalie.mu/comic/news/162965 2021年3月3日閲覧。 
  61. ^ “嬉野君&夏目イサクが描く、地主一家の娘による冒険譚がウィングスで始動”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年4月28日). https://natalie.mu/comic/news/185405 2021年3月3日閲覧。 
  62. ^ “新條まゆたん、新BL雑誌BLinkで織田信長への愛を熱弁”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年2月7日). https://natalie.mu/comic/news/44628 2021年3月3日閲覧。 
  63. ^ 臆病な背中”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  64. ^ 純情アイランド”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  65. ^ 好きになってはいけません”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  66. ^ どっちにしても俺のもの”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  67. ^ 初心者マークの恋だから”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  68. ^ ハッピーボウルで会いましょう”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  69. ^ 藍苺畑でつかまえて”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  70. ^ 全寮制男子校のお約束事”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  71. ^ ペテン師一山400円”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  72. ^ ディアプラス 2006年8月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  73. ^ ディアプラス 2008年12月号”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  74. ^ “さらにニッチに!理想の男子描く「萌え男子がたり」第2弾”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年11月16日). https://natalie.mu/comic/news/40645 2021年3月3日閲覧。 
  75. ^ “中村明日美子らの応援イラスト、リブレ出版サイトで公開中”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年5月11日). https://natalie.mu/comic/news/49102 2021年3月3日閲覧。 
  76. ^ マンガ家と作るBLポーズ集(5)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  77. ^ ディアプラス 2013年12月号”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  78. ^ “BANANA FISH、トーマの心臓…on BLUEで15名の作家が「はじめてのBL」語る”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年4月25日). https://natalie.mu/comic/news/184933 2021年3月3日閲覧。 
  79. ^ “BLマンガ家67人を紹介する書籍「BLクリエイターズ」発売、表紙はおげれつたなか”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年4月19日). https://natalie.mu/comic/news/328600 2021年3月3日閲覧。 
  80. ^ “コミケ45周年記念でイラスト集発売!和月伸宏や高山しのぶら205組が参加”. コミックナタリー (ナターシャ). (2020年11月30日). https://natalie.mu/comic/news/406828 2021年3月3日閲覧。 
  81. ^ ノーカラー”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  82. ^ どうしようもないけれど(1)”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  83. ^ どうしようもないけれど(2)”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  84. ^ フリーパンチ”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  85. ^ シュガーコード”. 新書館. 2021年3月5日閲覧。
  86. ^ 飴色パラドックス(1)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  87. ^ 飴色パラドックス(2)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  88. ^ 飴色パラドックス(3)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  89. ^ 飴色パラドックス(4)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  90. ^ 飴色パラドックス(5)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  91. ^ いかさまメモリ(1)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  92. ^ いかさまメモリ(2)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  93. ^ ハートの隠れ家(1)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  94. ^ ハートの隠れ家(2)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  95. ^ ハートの隠れ家(3)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  96. ^ ハートの隠れ家(4)”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  97. ^ “夏目イサク最新作「花恋つらね」1巻、梨園の若手女形&立役による恋絵巻”. コミックナタリー (ナターシャ). (2016年5月30日). https://natalie.mu/comic/news/188983 2021年3月3日閲覧。 
  98. ^ 花恋つらね(1)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  99. ^ 花恋つらね(2)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  100. ^ 花恋つらね(3)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  101. ^ 花恋つらね(4)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  102. ^ 花恋つらね(5)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  103. ^ 花恋つらね(6)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  104. ^ “夏目イサク全集を3カ月連続刊行、1巻は「ダッシュ!」「ノーカラー」完全収録”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年11月1日). https://natalie.mu/comic/news/353673 2021年3月3日閲覧。 
  105. ^ 夏目イサク全集(1)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  106. ^ 夏目イサク全集(2)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  107. ^ 夏目イサク全集(3)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  108. ^ ハウスバッカー”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。
  109. ^ “夏目イサクの不思議譚「あやかり草紙」1巻発売でサイン会”. コミックナタリー (ナターシャ). (2011年8月18日). https://natalie.mu/comic/news/55066 2021年3月3日閲覧。 
  110. ^ あやかり草紙(1)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  111. ^ “夏目イサク「あやかり草紙」最終巻、「ハートの隠れ家」とのコラボ特典も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2014年12月23日). https://natalie.mu/comic/news/134476 2021年3月3日閲覧。 
  112. ^ あやかり草紙(2)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  113. ^ “夏目イサク&嬉野君がタッグ、少女×護衛3人組の活劇「熱帯デラシネ宝飾店」”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年2月26日). https://natalie.mu/comic/news/222345 2021年3月3日閲覧。 
  114. ^ 熱帯デラシネ宝飾店(1)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  115. ^ 熱帯デラシネ宝飾店(2)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  116. ^ 熱帯デラシネ宝飾店(3)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  117. ^ 熱帯デラシネ宝飾店(4)”. 新書館. 2021年3月3日閲覧。
  118. ^ 是-ZE- ファンブック”. 新書館. 2021年3月7日閲覧。
  119. ^ 生徒会長に忠告公式アンソロジー”. 新書館. 2021年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]