境部摩理勢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

境部 摩理勢(さかいべ の まりせ、生年不詳 – 推古天皇36年(628年))は、飛鳥時代豪族蘇我稲目の子、馬子の弟(一説に馬子の従弟ともいう)。正しくは蘇我境部臣摩理勢。軽の境部[1](現在の橿原市白橿町、または大軽町)に居住したために境部臣と呼ばれた。

生涯[編集]

推古天皇8年(600年)、征新羅大将軍に任ぜられる(ただし、実際に赴任はしていない)。大臣である兄・蘇我馬子とともに推古天皇・厩戸皇子(聖徳太子)の執政を支えるが、その過程で聖徳太子一族(上宮王家)との結びつきを深めた。馬子の死後は、子の蘇我蝦夷が大臣を継いで朝政を主導するが、摩理勢も蘇我氏族内の有力一門として発言力を保ち、蘇我氏内部においても朝廷政治においても蝦夷の対抗勢力となり、次第に対立を深めていく。

推古天皇36年(628年)3月、推古天皇は崩御の直前、有力な皇位継承候補となる2人の皇子を病床に呼び寄せた。押坂彦人大兄皇子の子田村皇子(後の舒明天皇)と、聖徳太子の子山背大兄王である。田村に対しては「慎み深く言動に気をつけよ」と諭し、山背大兄に対しては「あなたはまだ若く未熟なので群臣の意見を聴きなさい」と遺言した。蘇我蝦夷は、この遺詔から、推古の思惑は田村皇子後継にあったと考え、田村を次期大王として擁立する。しかし上宮王家の後見人である境部摩理勢は、これに真っ向から反対し、山背大兄を推薦し、山背大兄も大王継承に積極的に名乗りをあげた。しかし摩理勢に同調する勢力は伯瀬仲王(山背大兄の異母弟)や佐伯東人らわずかであり、蝦夷の懐柔政策も功を奏したため、結局山背大兄は大王継承を辞退する。この情勢に怒った摩理勢は、従事中であった馬子の墓造営の任務を放棄し、「蘇我の田家」なる施設に立て籠もって公然と蝦夷に反旗を翻した。その後、摩理勢は伯瀬仲王邸へ入り抵抗を続けた。やがて山背大兄の説得により自邸に戻るが、ほどなく伯瀬仲王が死去し、後ろ盾を失った。蝦夷は摩理勢を攻め、摩理勢は来目物部伊区比なる者に絞殺されたという。

系譜[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 軽之境岡宮(かるの さかいおかの みや)