塩谷賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
塩谷賢
時代 現代哲学
地域 日本
研究分野 科学哲学、時間論
テンプレートを表示

塩谷 賢(しおたに けん、1962年9月27日 - )は、日本哲学者。専門は科学哲学時間論[1]

神奈川県立厚木高等学校を経て東京大学理学部数学科卒。厚生省(当時)に勤務したのち、東京大学大学院総合文化研究科(科学史科学哲学専攻)に進学、廣松渉に師事した。同大学博士課程単位取得退学[2]

日本学術振興会研究員、千葉大学リサーチアソシエイトなどを経て、法政大学(「科学哲学」[3])、早稲田大学(「哲学表現基礎論」[4])非常勤講師を務めるほか、中島義道が主宰する哲学塾カントでも教壇に立つ[5]。早稲田大学郡司ペギオ幸夫研究室セミナー係[6]日本ホワイトヘッド・プロセス学会会計監事[7]

著作[編集]

論文・書評[編集]

  • 動的時間的構造の必要性――哲学的雑感」、『物性研究』77(2)、388-390頁、物性研究刊行会、2001年11月。
  • 「局所的意味論と現象としての計算(3)時間の進行と計算――問題へのイントロダクション」、『Computer today』19(4)、42-48頁、サイエンス社、2002年7月。
  • 「局所的意味論と現象としての計算(10・最終回)計算と観測――実行を軸にした計算の検討の哲学的含意」、『数理科学』 41(10)、76-83頁、サイエンス社、2003年10月。
  • 田澤安弘「時間とロールシャッハ・テスト」について」、『心の諸問題論叢』1(1)、23-25頁、心の諸問題考究会、2004年。
  • 郡司ペギオ幸夫共著「なぜ余計なことを考えるのか――量子もつれ・セレンディピティー・生命の時間」、『現代思想』35(16)、166-182頁、青土社、2007年12月。
  • 書評 清水義夫著『圏論による論理学――高階論理とトポス』」、『科学哲学』41(2)、101-103頁、日本科学哲学会、2008年。
  • 「哲学の現代とは?――ホワイトヘッドと現代哲学」、『プロセス思想』第14号、63-72頁、日本ホワイトヘッド・プロセス学会、2010年。

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ハードトーク・知と愛 s1e13『時間について』 featuring 塩谷賢 相澤洋二先生乱入!”. Ken Mogi. 2019年8月7日閲覧。
  2. ^ 『ロジカル・ディレンマ ゲーデルの生涯と不完全性定理』”. ジョン・W.ドーソンJr/著、村上祐子・塩谷賢訳. 2019年8月7日閲覧。
  3. ^ 「茂木健一郎クオリア日記」”. 茂木健一郎. 2019年8月7日閲覧。
  4. ^ シラバス詳細照会”. Waseda University 2006-2019. 2019年8月7日閲覧。
  5. ^ 哲学塾カント”. 中島義道. 2019年8月7日閲覧。
  6. ^ 研究室メンバー”. 郡司ペギオ幸夫. 2019年8月7日閲覧。
  7. ^ 日本ホワイトヘッド・プロセス学会趣意書”. 日本ホワイトヘッド・プロセス学会. 2019年8月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]