塩尻和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

塩尻 和子(しおじり かずこ、1944年4月 - )は日本のイスラーム研究者。筑波大学名誉教授。

岡山市生まれ。1967年大阪外国語大学アラビア語学科卒業、東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学(宗教学)、ハーヴァード大学準研究員、日本大学文理学部非常勤講師、1999年筑波大学助教授を経て教授。1998年「アブドゥル・ジャッバールの倫理思想」で東大博士(文学)。2008年定年退職し特任教授。2009年から2010年まで、筑波大学理事・副学長を務める。2011年より、東京国際大学国際交流研究所所長。夫は元駐リビア大使、元中東調査会副理事長塩尻宏

全体として親イスラーム的な論調で発言することが多く、とりわけ9.11以降強くなったイスラーム教徒への偏見や差別に対して、イスラームに対する誤解があるとしてイスラームの平和性や寛容性を強く訴えている[1][2]

著書[編集]

翻訳[編集]

参照[編集]

  1. ^ 「誤解される「ジハード」の意味」
  2. ^ イスラームの教義は暴力を容認するのか(2)
  3. ^ リビアを知るための60章【第2版】 塩尻 和子(編著) - 明石書店 | 版元ドットコム

関連項目[編集]