塚本徳臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つかもと のりちか
塚本 徳臣
生誕 (1974-02-04) 1974年2月4日(45歳)
日本の旗 日本 長崎県諫早市
職業 空手家
団体 全世界空手道連盟新極真会
身長 186cm
体重 96kg
肩書き 空手指導者

塚本 徳臣(つかもと のりちか、男性1974年昭和49年)2月4日 - )は、日本空手家(新極真会空手五段[1])。長崎県出身。新極真会世田谷・杉並支部(塚本道場)支部長。第6回・第10回世界大会王者。得意技はマッハ蹴り[2]

来歴[編集]

長崎県諫早市出身。内向的な性格を心配した父親の薦めで、8才の時に空手を始める。高校卒業後に上京し、極真会館東京城南川崎支部にて廣重毅に師事する。その後、分裂騒動で一時、松井派に籍を置くが、大山派が主催する第6回全世界空手道選手権大会に出場し、同大会で優勝したことで廣重の下を離れ、入来武久の道場(大山派〈現新極真会〉)に移籍する。第6回全世界空手道選手権大会で優勝、その後、33連勝の記録を成し遂げた。それまで主流であった下段回し蹴り中心の組手から、ギャリー・オニールと一緒に練習した時に、ギャリーステップをヒントにして会得した軽快なフットワークと、「マッハ蹴り」と称される変則回し蹴り・膝蹴りかかと落とし胴回し回転蹴りなど、派手な大技を主体とした組手で一本勝ちを積み重ねたことから、革命児と呼ばれた。

2000年12月の第32回全日本空手道選手権大会で、一度は決勝で鈴木国博を判定で下すも、ドーピング検査で大麻の陽性反応が発覚し、優勝は取り消され、一時出場停止処分を受けた。

塚本理論(移動中に足を交差させる等)という独特な体術理論を持つ。「K-1等の興行的なものには興味がない、ただただ強くなりたいのです」と雑誌のインタビューで答えたことがある。

2010年の第42回全日本空手道選手権大会では、同大会5度目の優勝を果たし、2011年の第10回全世界空手道選手権大会では、準決勝でロシア代表のローマン・ネステレンコに胴回し回転蹴りで一本勝ちするなどし、同大会2度目の優勝を果たした[3]

現在は、支部長として世田谷・杉並、八王子を中心に後進の指導にあたるかたわら、新極真会理事[4]、日本代表選手団コーチとしても活動している。

成績[編集]

世界大会[編集]

  • 1996年平成8年)1月27・28日 第6回全世界空手道選手権大会(極真会館大山智弥子館長):現新極真会主催)優勝(史上最年少での戴冠)
  • 1999年(平成11年)11月4・5日 第7回全世界空手道選手権大会(極真会館:現新極真会主催)出場
  • 2003年(平成15年)10月4・5日 第8回全世界空手道選手権大会(新極真会主催)第7位
  • 2007年(平成19年)10月13・14日 第9回全世界空手道選手権大会(新極真会主催)第7位
  • 2011年(平成23年)10月22・23日 第10回全世界空手道選手権大会(新極真会主催)優勝(史上最年長での戴冠)

ワールドカップ[編集]

  • 1997年(平成9年)6月22日 第1回カラテワールドカップ(極真会館(大山智弥子館長):現新極真会主催)重量級優勝
  • 2005年(平成17年)6月18・19日 第3回カラテワールドカップ(新極真会主催)重量級第4位
  • 2009年(平成21年)6月20・21日 第4回カラテワールドカップ(新極真会主催)重量級準優勝

全日本大会[編集]

  • 1996年(平成8年)10月12・13日 第28回全日本空手道選手権大会(極真会館(大山智弥子館長):現新極真会主催)優勝
  • 1997年(平成9年)12月20・21日 第29回全日本空手道選手権大会(極真会館(大山智弥子館長):現新極真会主催)優勝(2連覇)
  • 2000年(平成12年)12月3日 第32回全日本空手道選手権大会(極真会館(緑代表):現新極真会主催)失格(失格理由は前述)
  • 2002年(平成14年)11月23・24日 第34回全日本空手道選手権大会(極真会館(緑代表):現新極真会主催)準優勝
  • 2004年(平成16年)11月27・28日 第36回全日本空手道選手権大会(新極真会主催)第6位
  • 2006年(平成18年)10月21・22日 第38回全日本空手道選手権大会(新極真会主催)優勝(3度目)
  • 2009年(平成21年)10月3・4日 第41回全日本空手道選手権大会(新極真会主催)優勝(4度目)
  • 2010年(平成22年)10月30・31日 第42回全日本空手道選手権大会(新極真会主催)優勝(5度目、2度目の2連覇)

全日本ウエイト制大会[編集]

  • 1998年(平成10年)7月25・26日 第15回全日本ウエイト制空手道選手権大会(極真会館(三瓶代表):現新極真会主催)重量級優勝
  • 2000年(平成12年)6月24・25日 第17回全日本ウエイト制空手道選手権大会(極真会館(緑代表):現新極真会主催)重量級優勝(2度目)
  • 2004年(平成16年)6月19・20日 第21回全日本ウエイト制空手道選手権大会(新極真会主催)重量級優勝(3度目)
  • 2008年(平成20年)5月19・20日 第25回全日本ウエイト制空手道選手権大会(新極真会主催)重量級第3位

著書[編集]

空手革命(2012年)ISBN 978-4777053339ネコ・パブリッシング

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]