回し蹴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

回し蹴り(まわしげり)は、中国武術空手テコンドーキックボクシングムエタイカポエイラプロレスで用いられる蹴り技の一種である。スピンキックとも呼ばれる[1]。中国武術では旋体脚、テコンドーではアッ・ドルリョ・チャギ、ムエタイではテツ(または)と呼ばれている。

概要[編集]

膝を抱えながら腰を回すようにして足を横から回して上足底、足の甲または脛などで相手の腹部、足、腕、頭部を蹴る。腰と蹴り足の円運動を支持足(軸足)一本で支えるのでバランスを保つのが難しく、非常に複雑な運動をする蹴り技であるが正確に使えれば強力な技となる。

通常、格闘技ハイキックミドルキックローキックというのは、それぞれ上段、中段、下段の回し蹴りのことである。

十分な威力と小さなモーションを両立しているため、K-1やキックボクシングなどで相手を倒すのに使われる蹴り技はほとんどがこの回し蹴りか膝蹴りである。もっとも、前蹴りに比べると股関節の柔軟性を要求されて足先や脛を痛める危険がある。とくに打点の高い蹴りの場合には金的が無防備になりやすいため、かわされた場合に後ろをとられる。蹴り足や軸足を取られて投げられるなどリスクの高い技である。そのため、真横から大回りに振るタイプの回し蹴りは古代琉球空手古式ムエタイなど伝統的な古武術テイクダウンなどのある総合格闘技では使用されることが少ない。

脚注[編集]

  1. ^ プロレスではスピンキックをバックスピンキック(後ろ回し蹴り)の事を言う場合が多い。