報恩院 (大阪市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
報恩院(ほうおんいん)
Hoonin 01.jpg
所在地 大阪市中央区高津1丁目2-28
位置 北緯34度40分1.7秒
東経135度30分49秒
山号 高津山
宗派 真言宗醍醐派
本尊 不動明王
札所等 摂津国八十八箇所 第21番
近畿三十六不動尊霊場 第5番
おおさか十三仏霊場 第11番
テンプレートを表示

報恩院(ほうおんいん)大阪市中央区にある真言宗醍醐派の仏教寺院。山号は高津山。

本尊[編集]

境内・諸堂奉祀の神仏[編集]

御詠歌[編集]

魔を伏して苦難を救う 願なれば 不動の誓(ちかい) 高津北向(たかつきたむき)

札所[編集]

歴史[編集]

開基[編集]

良遍(寛文年間 1661年~1672年)

寺歴[編集]

良遍上人が大阪の上町台地の佳き地を選び、現世利益の不動明王の世相にあった北向不動明王(きたむきふどうみょうおう)を造立したことが、始まりと伝えられている。

また、北向不動明王と同時期に植えられたという(くす)は、相生の樟(あいおいのくす)として有名で、戦前までは、繁茂していたという。

商売繁盛と家内安全の所願成就のご利益を求め、多くの人々で報恩院は香煙の絶え間がなかったという。

明治に入って、廃仏毀釈により、報恩院は無住に近い状態になり荒れ寺になり、報恩院第12世の孝教和上が明治・大正にかけて中興した。しかし、太平洋戦争による大阪大空襲で、北向不動尊を残して灰燼に帰した。被災後 わずか数日が立ったぐらいから、住職・壇信徒により焼跡整理が始まった。その後、諸堂の再建がなった。

年中行事[編集]

  • 1月1日 大護摩祈攸
  • 1月初辰 霊符尊招財護福愛敬御守授与
  • 2月節分 大護摩祈攸
  • 3月21日 彼岸法要
  • 6月7~8日 花供入峰(大峰山
  • 8月13~15日 盂蘭盆会
  • 8月23日 盂蘭盆施餓鬼会
  • 8月24日 地蔵盆
  • 9月23日 彼岸法要
  • 毎月1日 大護摩祈攸(家内安全・交通安全・厄除・家業繁栄等祈願等)

所在地[編集]

大阪市中央区高津1丁目2-28

交通アクセス[編集]

大阪市営地下鉄谷町線 谷町九丁目駅 北西へ約100m

外部リンク[編集]

https://www.facebook.com/houonin/