堤修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

堤 修三(つつみ しゅうぞう、1948年(昭和23年)12月 - )は、日本の元官僚大学教授大阪大学大学院人間科学研究科教授。元社会保険庁長官長崎県長崎市出身。

略歴[編集]

社会的活動[編集]

  • 財団法人三井住友海上福祉財団理事
  • 社会福祉法人大阪府社会福祉協議会社会貢献基金運営委員会委員長
  • NPO法人地域ケア政策ネットワーク理事
  • 社会福祉法人奉優会評議員
  • 社会福祉法人浴風会国際長寿センター理事

著書[編集]

  • 『社会保障――その既在・現在・将来』(社会保険研究所、2000年)
  • 『文化の業としての社会保障――ひとりの厚生官僚が考えてきたこと』(法研、2002年)
  • 『社会保障の構造転換――国家社会保障から自律社会保障へ』(社会保険研究所、2004年)
  • 『社会保障改革の立法政策的批判――2005/2006年介護・福祉・医療改革を巡って』(社会保険研究所、2007年)
  • 『市民生活における社会保険』(品田充儀と共著)(放送大学教育振興会、2008年)