城所國三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

城所 國三郎(きどころ くにさぶろう、1885年明治18年)4月1日 - 1937年昭和12年)8月9日)は日本の政治家。第5代八王子市長。東京府会議員、八王子市議(2期)。

略歴[編集]

  • 1917年大正6年)11月3日八王子町会議員であった養父荘治郎の跡を継ぎ八王子市会議員選挙に立候補当選。京王電気軌道の誘致運動を起こし2期目に当選した後玉南電気鉄道株式会社を設立商議員に就任するなど八王子への鉄道乗り入れを推進する。1921年(大正10年)には八王子商工会議所会頭に就任(1925年(大正14年)に再任)。1924年(大正13年)には東京府会議員選挙に立候補するも落選。

参考文献[編集]