坂本慶一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 坂本慶一 - 日本の経済学者。1925年-2017年 本項で扱う。
  2. 坂本慶一 - 日本の法学者。裁判官(元名古屋高裁判事)。1946年-2007年

坂本 慶一(さかもと けいいち、1925年5月20日 -2017年3月24日[1])は日本の経済学者京都大学名誉教授農業経済学を専門とし、農政問題について活発に発言した。またフランス初期社会主義研究でも知られる。農学博士(京都大学、1965年)。青森県生まれ。

略歴[編集]

  • 1951年、京都大学農学部農林経済学科卒業
  • 1953年、ベルギー留学
  • 1958年11月、京都大学農学部農林経済学科助教授
  • 1965年、龍谷大学教授
  • 1967年、フランス留学
  • 1971年10月、京都大学農学部農林経済学科教授(農学原論講座)
  • 1975年12月、京都大学評議員(1976年10月)
  • 1977年12月、京都大学農学部長(1979年12月まで)
  • 1989年3月、京都大学退官
  • 1989年4月、京都大学名誉教授 大阪産業大学経済学部教授
  • 1992年4月、福井県立大学学長(初代 1998年まで)

著書[編集]

  • 『フランス産業革命思想の形成--サン=シモンとサン=シモン派』未來社、1961年
  • マルクス主義ユートピア--初期マルクスとフランス社会主義』紀伊国屋書店、1970年
  • 『日本農業の再生』中央公論社、1977年
  • 『戦後農政の再検討--基本法農政の理念と現実』(柏祐賢と共編著)、ミネルヴァ書房、1978年
  • 『日本農業の転換』ミネルヴァ書房、1980年
  • 『農村地域の再編と管理』(福田稔と共編著)、明文書房、1981年
  • 『地域農業の革新--淡路島における地域複合体の形成』(高山敏弘と共編著)、明文書房、1983年
  • 『地域産業複合体の展開』(共編著)、明文書房、1986年
  • 『近代フランスの農業思想』世界書院、1987年
  • --輸入か農の再生か』(編著)、学陽書房、1987年
  • 『人間にとって農業とは』(編著)、学陽書房、1989年
  • 『「農」の世界の意味--「農」と「生」の相関を中心に』国際高等研究所(京都府木津町)、2001年

訳書[編集]

  • アルベール・ソブール『資本主義と農村共同体』(飯沼二郎との共訳)、未來社、1956年
  • コンシデラン「社会主義の原理」、『世界大思想全集』第2期第10巻、1959年
  • ジャン・モリニエ『フランス経済理論の発展--ボワキュベール、ケネー、セーの国民所得論』未來社、1962年
  • エルネスト・マンデル『現代マルクス経済学』1-4(岡田純一、西川潤との共訳)、東洋経済新報社、1972年-1974年
  • サン=シモン「産業者の教理問答」、『世界の名著』続8、中央公論社、1975年

脚注[編集]