坂井越中守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂井 越中守(さかい えっちゅうのかみ、生年不明 - 天正10年6月2日1582年6月21日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。父は坂井政尚。兄に尚恒

元亀元年(1570年)6月、兄尚桓が姉川の戦いで戦死し、11月の近江堅田城の戦いで父政尚も戦死したため、家督を相続して織田信長に仕えた。

信長の隠居後は嫡男の信忠付の側近として各地を転戦した。武田攻めでは生け捕りにされた飯羽間右衛門尉を成敗している(信長公記)。天正10年(1582年)5月、信忠に従って上洛するが、6月2日の本能寺の変で信長が明智光秀に殺害されると、信忠に従って二条城で明智軍と戦い、討ち死にした。

関連項目[編集]