坂井尚恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

坂井 尚恒(さかい ひさつね、弘治元年(1555年) - 元亀元年6月28日1570年8月9日))は、戦国時代武将織田信長の家臣。通称は久蔵。父は坂井政尚。諱である「尚恒」は確実な史料からは裏付けられない。

弘治元年(1555年)、織田信長の家臣・坂井政尚の嫡子として誕生。父と同じように信長に仕え、永禄11年(1568年)に信長が上洛を開始したときにも従軍し、六角義賢観音寺城攻めに参加して武功を挙げ、足利義昭から感状を与えられている。

その後も信長の主要な合戦の多くに参加して武功を挙げたが、元亀元年(1570年)6月28日に姉川の戦いで戦死した。享年16。

関連項目[編集]