坂之上洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

坂之上 洋子(さかのうえ ようこ)は、日本の経営ストラテジスト。上場企業や国際機関、NPOのブランディング、コミュニケーション、リスクコントロール等の策定と実施を行っている。[1]

来歴[編集]

アメリカ合衆国ハーリントン大学を卒業[2]。建築コンセプトデザイナーとして活動した後[3]1998年Eコマースベンチャー企業「US-Style.com」に転職、マーケティング副社長に就任する。

2001年、ブランディングウェブ構築会社「Bluebeagle」を起業[3]2005年に同社を売却すると、夫の仕事の関係でアメリカから中華人民共和国へ移動、北京で生活しながらも、米国、日本と幅広くブランド戦略のコンサルティングを行う。2006年、『ニューズウィーク』アジア版の「世界が認めた日本人女性100人」の1人に選出される[4]

2009年、東京に移動する[3]2011年日本グローバルヘルス協会の最高戦略責任者に就任し[3]2012年5月1日から観光庁のビジットジャパン・クリエイティブアドバイザーを務める[5]2012年東京大学医学系研究科国際保健政策学部非常勤講師。

  • 日本経済新聞社/日経ソーシャルイニシアチブ大賞/アドバイザリーボードメンバー[6]
  • JIGH/ゲイツ財団とコラボレーションプロジェクト/チーフストラテジスト[7]
  • 日本石油輸送株式会社/社外取締役[8]
  • 公益財団法人 熊西地域振興財団/評議員[9]
  • 東洋経済オンラインにて「地味だけど良い政策を探しにいこう[10]」を連載中
  • NewsPicksにて「グローバルで響いてる人の頭の中[11]」を連載中

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ 今回のサイトリニューアルにご協力いただいた方々”. かものはしプロジェクトウェブサイト. 2012年5月27日閲覧。
  2. ^ about(坂之上洋子について)”. 坂之上洋子オフィシャルサイト. 2012年7月26日閲覧。
  3. ^ a b c d 【別紙】坂之上洋子氏略歴 (PDF)”. 観光庁 (2012年4月27日). 2012年5月27日閲覧。
  4. ^ 坂之上洋子 (2006年6月23日). “今週のNEWSWEEKに掲載されました”. 犬も歩けば 渋谷にあたる. 2012年5月27日閲覧。
  5. ^ ビジットジャパン・クリエイティブアドバイザーの任命について”. 観光庁 (2012年4月27日). 2012年5月27日閲覧。
  6. ^ 日経ソーシャルイニシアチブ大賞”. 2015年4月13日閲覧。
  7. ^ JIGHについて|JIGH - 一般社団法人ジェイ・アイ・ジー・エイチ”. 2015年4月13日閲覧。
  8. ^ 会社概要|JOT日本石油輸送株式会社へようこそ”. 2015年10月21日閲覧。
  9. ^ 役員紹介|熊西財団”. 2015年10月21日閲覧。
  10. ^ 地味だけど良い政策を探しにいこう”. 2015年4月13日閲覧。
  11. ^ グローバルで響いてる人の頭の中”. NewsPicks. ニューズピックス. 2018年1月11日閲覧。
  12. ^ 結婚のずっと前”. 二見書房. 2012年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]