土林誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土林 誠(つちばやし まこと、1971年6月30日 - )は、日本キャラクターデザイナー。元株式会社カプコン第4開発所属のデザイナー。現在はフリー。大阪府出身。男性。

人物[編集]

絵を描く事が大好きで小学生のころに『ウルトラマン』、『機動戦士ガンダム』、『北斗の拳』、『キャプテン翼』などの模写をしていた。中学生の時に美術系の高校を目指したがあえなく断念。普通科の高校を卒業後、数年後に3D系の専門学校に1年間通い、25歳でカプコンに入社する。

入社時点では3Dモデラーとして『ロックマン』シリーズに携わる。研修の時に描いたゾンビやモンスターのイラストがディレクターの三上真司の目に留まり、スカウトされ第4開発(バイオチーム)に入る。

その後『Devil May Cry』のキャラクターデザインを担当。現在はPhotoshopメインでイラストを描いているが、この時はPainterを使用していた。

29歳にカプコンを退社し、フリーのキャラクターデザイナーとして独立。後にセガから発売された『Shinobi』、『Kunoichi』のキャラクターデザインを務めた同時期にゲームプロデューサーの小林裕幸から依頼を受け『戦国BASARA』シリーズのキャラクターデザインを担当、見事メジャーデビューを果たす。

作風[編集]

自分はイラストレーターではなくキャラクターデザイナーであるという強い意識から、一体のキャラクターを制作する際、シルエット、細部まで描かれたもの、顔ばかりのものなど全てを入れて7冊以上のクロッキーをする。重視しているのは、動きやポーズといったあくまでもゲームキャラクターが動くことを意識した線画を描く。よって近年の作品は、あまり塗りこまずアクションゲームを意識した空間に居るキャラクターといった他にタイプのない技法を確立している。

独特なタッチが特徴で、力強くかつ繊細な絵を描き、本人いわくその作品に合うタッチを心がけているとの事。

線の切り立ったスタイリッシュなデザインは男性・女性のファンからも高い支持を得ている。

来歴[編集]

1995年

1996年

1999年

  • カプコンを退社。フリーになる。

2001年

  • カプコン『Devil May Cry』でキャラクターデザインを担当。

2002年

  • セガ『Shinobi』のキャラクターデザインを担当。

2003年

  • セガ『Kunoichi』のキャラクターデザインを担当。

2005年

  • カプコン『戦国BASARA』のキャラクターデザインを担当。
  • カプコンから『戦国BASARAオフィシャルコンプリートワークス』が発売され、デビューを果たす。

2006年

  • カプコン『戦国BASARA2』のキャラクターデザインを担当。
  • カプコンから『戦国BASARA2オフィシャルコンプリートワークス』が発売される。

2007年

  • カプコンから『土林誠デザインワークス』が発売される。

2008年

2009年

  • カプコン『戦国BASARA3』のキャラクターデザインを担当。

2010年

作品[編集]

外部リンク[編集]