国際連合安全保障理事会決議1701

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議1701
日付: 2006年8月11日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 5511回
コード: S/RES/1701 (UNSCR1701)
文書: 英語

投票: 賛成: 15 棄権: 0 反対: 0
主な内容: レバノンイスラエルに停戦を要請
投票結果: 採択

安全保障理事会(2006年時点)
常任理事国

中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
ロシアの旗 ロシア
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

非常任理事国
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
 コンゴ共和国
 デンマーク
 ガーナ
ギリシャの旗 ギリシャ
日本の旗 日本
ペルーの旗 ペルー
カタールの旗 カタール
スロバキアの旗 スロバキア
タンザニアの旗 タンザニア

国際連合安全保障理事会決議1701(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1701、: United Nations Security Council Resolution 1701)は、2006年8月11日国際連合安全保障理事会で採択された中東情勢に関する決議。略称はUNSCR1701

概要[編集]

国連安保理決議1701は、2006年イスラエル・レバノン紛争の解決に向け採択された国連決議。決議は全会一致で採択され、同年8月12日、2名のヒズボラ党員を含む、レバノン内閣は全会一致で承認し、同日、ヒズボラのリーダー、ハッサン・ナスララ停戦合意を表明した。8月13日にはイスラエル内閣が24対0(不参加1票)で決議に合意し、2006年8月14日午前8時、国連の仲裁により停戦が実現した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]