コンテンツにスキップ

国際連合安全保障理事会決議1691

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国際連合安全保障理事会
決議1691
日付: 2006年6月22日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 5,473回
コード: S/RES/1691
文書: 英語


主な内容: モンテネグロの加盟に関して
投票結果: 無投票採択

安全保障理事会(2006年時点)
常任理事国
中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
ロシアの旗 ロシア
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
非常任理事国
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
コンゴ共和国の旗 コンゴ共和国
 デンマーク
ガーナの旗 ガーナ
ギリシャの旗 ギリシャ
日本の旗 日本
ペルーの旗 ペルー
カタールの旗 カタール
スロバキアの旗 スロバキア
タンザニアの旗 タンザニア

モンテネグロの旗 モンテネグロ

国際連合安全保障理事会決議1691(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ1691、: United Nations Security Council Resolution 1691, UNSCR1691)は、2006年6月22日国際連合安全保障理事会で採択された決議モンテネグロ国連加盟に関するものである。

概要

[編集]

決議では、モンテネグロの加盟申請を検討した後、理事会は総会に対してその承認を勧告した[1]。採択は無投票でなされた。

モンテネグロは2006年6月28日に「モンテネグロ共和国(英語:the Republic of Montenegro)」として国連に加盟した。 2007年10月に同国で新憲法が採択されると、この名前は短縮形「モンテネグロ(Montenegro)」に修正された[2]

詳細

[編集]

以下は決議の英文[3]

The Security Council,
Having examined the application of the Republic of Montenegro for admission to the United Nations (S/2006/409),
Recommends to the General Assembly that the Republic of Montenegro be admitted to membership in the United Nations.

以下はその和訳。

安全保障理事会は、
モンテネグロ共和国の国際連合加盟申請(S/2006/409)を審査した結果、
モンテネグロ共和国を国際連合に加盟させることを総会に勧告する。

脚注

[編集]
  1. ^ “Security Council recommends to General Assembly that Montenegro be admitted to United Nations”. United Nations. (2006年6月22日). https://www.un.org/News/Press/docs/2006/sc8761.doc.htm 
  2. ^ UNTERM: Montenegro. Remark.”. 2019年3月23日閲覧。
  3. ^ ODS HOME PAGE”. documents-dds-ny.un.org. 2022年4月30日閲覧。

関連項目

[編集]

外部リンク

[編集]