国立国父紀念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国立国父紀念館の南側正面
入口の扁額
孫文の座像

国立国父紀念館(こくりつこくふきねんかん)は台北市信義区にある記念館[1]博物館としても分類される[2]。名称の国父とは孫文のこと。11ヘクタール[3]の敷地をもつ中山公園の中に建っている[4]

1866年生まれの孫文の生誕100年を記念して建設されたもの[1]。1968年に着工し[5]、1972年5月に竣工した[2]。設計は大洪建築師事務所の王大閎 (zh)、施工は毅成建設であった[5]

30.4メートルの高さ[1]をもつこの記念館は中国の寺院風の外観を持ち[5]、南に構えられた正面入口のは大きく反っている。「カブトムシの角のよう[6]|」と例えられるこの庇の反りは、内部の高さおよび採光確保のためと考えられている[5]。屋根は黄色であるが、この色は陰陽説を応用した物で、黄色は「地」すなわち「陰」を意味しているとされる[7]。入口は公園のレベルより高く、少し階段を上る必要がある。正面入口の扁額『国父紀念館』の字は蒋介石によるもの。階段を上ったあとは記念館の外周に沿って回廊状となっており、正面以外(東西北)の各辺からも内部へ至る入口が設けられている[5]

正面入口から入ると吹き抜けになっている空間が開け、正面には孫文の8.9メートル座像が置かれている[8]。その像を守備するための衛兵が手前左右に立っており、衛兵交代式は毎時0分に行われている[9]。この広間の左右には展覧室への入口があり、左手(西側)の部屋では孫文の生涯が、右手(東側)の部屋では史蹟が展示されている[10]。孫文座像の裏手は大会堂で、こちらも3階までの吹き抜けになっており、2600人ほど収容できる規模を持っている[4]。各所に階段があり、地下1階地上3階までアクセスできる。地下は資料室や自習室があり、カルチャースクールなども開催されている。2、3階は個室になったギャラリーが複数あり、それぞれ書画などの展示に利用されている。2階東側には孫逸仙博士図書館があり[11]、蔵書は30万冊以上という[1]

アクセス[編集]

MRT台北捷運板南線南港線国父紀念館駅より徒歩3分[9]。バス停は國父紀念館站、國父紀念館站(仁愛路)、國父紀念館站(光復南路)があり、それぞれ複数系統が停車する[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 地球の歩き方編集室 『地球の歩き方 D10 (台湾)』 (21版) ダイヤモンド社2010年、91頁。ISBN 9784478058299 
  2. ^ a b 劉素真 「歴史的視座から見る台湾の博物館の役割」、『美術教育学 : 美術科教育学会誌』 (美術科教育学会)433-443頁、1999年ISSN 0917771Xhttp://ci.nii.ac.jp/naid/110001852913/  435頁。
  3. ^ 楊蓓涵; 金子忠一; 蓑茂寿太郎 「施策公園の展開に関する台日比較」、『ランドスケープ研究』 (日本造園学会)第5号813-818頁、2005年http://doi.org/10.5632/jila.68.813  814頁。
  4. ^ a b c 國父紀念館”. 臺北市信義區公所. 2016年11月20日閲覧。(中国語)
  5. ^ a b c d e 王恵君; 二村悟; 後藤治 監修 『図説台湾都市物語 : 台北・台中・台南・高雄』 河出書房新社〈ふくろうの本〉、2010年http://ci.nii.ac.jp/ncid/BB01154634  82頁。
  6. ^ 前掲 (王, 二村 & 後藤 2010, p. 81) 。
  7. ^ 水原寿里; 武衛平 「中国文化における中国語の特質に関する一考察」、『アジア文化研究』 (美術科教育学会)第6号212-224頁、1999年ISSN 0917771Xhttp://doi.org/10.6031/jacsi1994.6.212  216-218頁。
  8. ^ JTBパブリッシング 『ソロタビ 台北』2016年、20頁https://books.google.co.jp/books?id=N3vYCwAAQBAJ 
  9. ^ a b 国父紀念館”. 株式会社台湾ナビ. 2016年11月20日閲覧。
  10. ^ 以下は特記ない限り案内図(座像の東側、奥への通路に掲示されているもの)より。2016年11月11日閲覧。
  11. ^ Floor Plan”. Dr. Sun Yat-sen Library.. 2016年11月20日閲覧。(英語)

外部リンク[編集]

座標: 北緯25度2分24秒 東経121度33分36秒 / 北緯25.04000度 東経121.56000度 / 25.04000; 121.56000