四至本侑城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
四至本 侑城
生年月日 (1988-12-24) 1988年12月24日(34歳)
出身地 日本の旗 大阪府
身長 1.84 m (6 ft 12 in)
体重 106 kg (16 st 10 lb)
学校 大阪桐蔭高校
大学 同志社大学
愛称 しし
ラグビーユニオンでの経歴
ポジション ロックナンバーエイト
アマチュア経歴
チーム 出場 (得点)
2004-2007
2007-2011
大阪桐蔭高校
同志社大学
()
シニア経歴
チーム 出場 (得点)
2011-2020 クボタ ()
7人制代表
チーム 大会
 日本

四至本 侑城(ししもと ゆき、1988年12月24日 - )は、日本の元ラグビー選手。

プロフィール[編集]

略歴[編集]

地元の岬ラグビースクールが盛んだったのでラグビーを始めた[1]

2007年大阪桐蔭高校卒業後[2]同志社大学に入る。なお大阪桐蔭高校時代には、2006年度高校日本代表(2006年)に選ばれた[3]2010年、同志社大学ラグビー部の副将に就任した[4]

2011年同志社大学卒業後、クボタスピアーズに加入[5]。同年9月18日に行われたトップイーストリーグ第2節の釜石シーウェイブス戦に先発出場で公式戦初出場を果たした[6]。2012年には7人制ラグビーの学生日本代表として「第5回 7人制ラグビー学生世界選手権(開催地:フランスブリーヴ)」に参加。四至本は全試合に出場するも、決勝トーナメントでフランス代表に敗れて敗者戦に回り、ルーマニア代表、ポルトガル代表を破って5位に終わった[7]

2012年には男子7人制日本代表として、HSBCアジアセブンスシリーズ第1戦「ボルネオセブンス」、第3戦「ムンバイセブンス」に参加した。ボルネオセブンスでは決勝を除く4試合すべてに出場し、チームは優勝。予選第1戦のスリランカ代表戦では1トライを決めている[8]。9月22日-23日に行われた第2戦「上海セブンス」では直前合宿のメンバーに選ばれていたものの[9]、中国の国内情勢の悪化(詳しくは2012年の中国における反日活動)から、チームは出場を辞退した[10]。第3戦「ムンバイセブンズ」ではキャプテンを坂井克行から受け継いでチームを準優勝に導き、HSBCアジアセブンズシリーズ総合成績でも準優勝を果たした。個人としては決勝トーナメントを含む6試合すべてに出場し、予選で1トライを獲得している[11]。11月にはワールドカップ・セブンズ2013のアジア地区予選を兼ねた「シンガポールセブンズ」に代表として参加し、全5試合中決勝を含めた3試合に出場し、チームの優勝に貢献した[12]

2013年、ワールドカップ・セブンズ2013のコアチーム昇格決定大会の予選を兼ねた「香港セブンズ」に参加し3試合に出場したが、準々決勝でグルジア代表に0-17で敗れ、コアチーム昇格決定大会への出場を逃した[13]。セブンズワールドシリーズ「東京セブンズ2013」では3試合に出場するも、チームは全体14位に終わった[14][15]

2020年、所属するクボタスピアーズを退団し、現役を引退した[16]

代表歴[編集]

  • 2006年 高校日本代表 (オーストラリア遠征)[3]
  • 2006年 U19日本代表 (スコッド遠征)[17]
  • 2007年 U19日本代表 (スコッド遠征)[18]
  • 2012年 学生日本代表 (7人制ラグビー学生世界選手権 5位)[7]
  • 2012年 男子7人制日本代表 (ボルネオセブンス 優勝)[8]
  • 2012年 男子7人制日本代表 (ムンバイセブンス 準優勝)[11]
  • 2012年 男子7人制日本代表 (「ワールドカップ・セブンズ2013アジア地区予選」兼「シンガポールセブンズ」優勝)[12]
  • 2013年 男子7人制日本代表 (「ワールドカップ・セブンズ2013コア・チーム昇格決定大会予選」「香港セブンズ」準々決勝敗退)[13]
  • 2013年 男子7人制日本代表 (HSBCセブンズワールドシリーズ「東京セブンズ」シールド14位)[15]

出典[編集]

  1. ^ 12月24日に24歳の誕生日を迎える四至本選手にインタビュー!! . クボタスピアーズ公式サイト(2012年12月14日). 2018年1月22日閲覧。
  2. ^ 大阪桐蔭高等学校 ラグビー部. 大阪桐蔭高等学校. 2018年1月22日閲覧。
  3. ^ a b 2006年度 高校日本代表オーストラリア遠征 . Rugby-try. 2018年1月22日閲覧。
  4. ^ 【大学ラグビー】来年度主要校の新体制。傾向は「兄弟」「東海大仰星」 . JSPORTS. 2018年1月22日閲覧。
  5. ^ ジャパンラグビートップイースト クボタスピアーズ2011年度体制・新加入選手、退団選手のお知らせ . クボタスピアーズ公式サイト(2011年3月29日). 2018年1月22日閲覧。
  6. ^ ジャパンラグビートップイーストリーグDiv.1 第2節 . 日本ラグビーフットボール協会. 2018年1月22日閲覧。
  7. ^ a b 男女7人制学生日本代表「7人制ラグビー学生世界選手権」試合結果” (日本語). 日本ラグビーフットボール協会. 2021年12月26日閲覧。
  8. ^ a b HSBCアジアセブンズシリーズ第一戦「ボルネオセブンズ」男子7人制日本代表試合結果” (日本語). 日本ラグビーフットボール協会. 2021年12月26日閲覧。
  9. ^ HSBCアジアセブンズシリーズ第二戦「上海セブンズ」男子7人制日本代表 直前合宿参加メンバー” (日本語). 日本ラグビーフットボール協会. 2021年12月26日閲覧。
  10. ^ 男子7人制日本代表 上海セブンズへ派遣中止決定 | ラグビーリパブリック” (日本語) (2012年9月20日). 2021年12月26日閲覧。
  11. ^ a b HSBCアジアセブンズシリーズ第三戦「ムンバイセブンズ」男子7人制日本代表試合結果” (日本語). 日本ラグビーフットボール協会. 2021年12月26日閲覧。
  12. ^ a b ワールドカップ・セブンズ2013 アジア地区予選 兼 HSBCアジアセブンズシリーズ第四戦「シンガポールセブンズ」男子7人制日本代表 試合結果(最終日)” (日本語). 日本ラグビーフットボール協会. 2021年12月26日閲覧。
  13. ^ a b 香港セブンズ(HSBCセブンズワールドシリーズ・コアチーム昇格に向けた予選大会)試合結果(第3日)” (日本語). 日本ラグビーフットボール協会. 2021年12月26日閲覧。
  14. ^ 東京セブンズ 日本は2勝でシールド準優勝 疲労するなかスタイル信じ抜く | ラグビーリパブリック” (日本語) (2013年3月31日). 2021年12月26日閲覧。
  15. ^ a b HSBCセブンズワールドシリーズ東京セブンズ2013 男子7人制日本代表 第2日(3/31)試合結果のお知らせ” (日本語). 日本ラグビーフットボール協会. 2021年12月26日閲覧。
  16. ^ 2019年度退団選手コメント(四至本侑城選手) . クボタスピアーズ公式サイト(2020年5月20日). 2020年5月20日閲覧。
  17. ^ U19日本代表スコッド メンバー” (日本語). 日本ラグビーフットボール協会. 2021年12月26日閲覧。
  18. ^ U19日本代表スコッド合宿参加メンバー” (日本語). 日本ラグビーフットボール協会. 2021年12月26日閲覧。

関連項目[編集]