四稜郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
四稜郭
北海道
四稜郭土塁
四稜郭土塁
別名 新台場、神山台場、新五稜郭
城郭構造 稜堡式
天守構造 なし
築城主 蝦夷共和国
築城年 明治2年(1869年)
主な改修者 なし
主な城主 蝦夷共和国
廃城年 1869年
遺構 土塁
指定文化財 国の史跡[1]
位置 北緯41度49分32.09秒 東経140度46分14.86秒 / 北緯41.8255806度 東経140.7707944度 / 41.8255806; 140.7707944
地図
四稜郭の位置(北海道南部内)
四稜郭
四稜郭
四稜郭の位置(北海道内)
四稜郭
四稜郭
テンプレートを表示

四稜郭(しりょうかく)は、箱館戦争の際に蝦夷共和国(箱館政権)が、1869年明治2年)に現在の北海道函館市陣川町に築城した堡塁新台場神山台場新五稜郭などとも呼ばれる。国の史跡[1]

立地と概要[編集]

四稜郭の名称は4つの突起を持つ事に由来する。幅2.7メートル、深さ0.9メートルの空堀に囲まれ、土塁の規模は東西約100メートル、南北約70メートル、幅5.4メートル、高さ3メートルである。土塁の四隅には砲座が配置されている。南西側に門口があり、その後方に幅0.9メートルほどの通路が設けられている[2]内には建物は建設されなかったと考えられている。面積は約2万1,500平方メートルを有する。

五稜郭を援護する支城として、また東照宮を守護する為に北東約3キロメートル離れた丘陵上に洋式築城法により築かれた。建設を指揮したのは大鳥圭介あるいはブリュネ大尉といわれている。建設には旧幕府兵卒200人および近隣住民100人が徴用され、昼夜兼行の突貫工事で造り上げたと言われる。しかし、堡塁としては脆弱であり、立て篭もるには手狭で井戸等の設備も存在しなかった。星形要塞であるものの、実際には野戦築城に近いものである。四稜郭以外に当時造られた要塞としては川汲台場(現・函館市)や峠下台場(現・七飯町)などがある[3]。峠下台場は漫画吹き出しのような七稜形Tenaille:欧米では星形要塞とは区別される形態の築城方式)[要出典]である。

1934年昭和9年)、国の史跡に指定された[1]。当時は周囲が耕作地になるなどして土塁が一部崩されていたが、1973年(昭和48年)に元の形に修復された。

5月には、付近一帯はスズランの花畑となる。

2002年平成14年)5月26日NHK新・クイズ 日本人の質問』において「五稜郭を見るうえで重要なもの」として、四稜郭が紹介された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 四稜郭 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  2. ^ 土塁に囲まれた内枡形虎口になっている(八巻 2017, pp.121)。
  3. ^ 八巻 2017, pp.112-118

参考文献[編集]

  • 八巻孝夫「箱館戦争の台場:道南・東部と函館周辺の野戦築城を中心に」『中世城郭研究』第31号、中世城郭研究会、2017年、 102–126、 ISSN 0914-3203

関連項目[編集]

外部リンク[編集]