四方幸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

四方 幸子(しかた ゆきこ)は、日本のキュレーター東京造形大学特任教授多摩美術大学客員教授(メディア芸術FW担当)。

概要[編集]

京都府出身。都留文科大学英文学科卒業[1][2]

山口情報芸術センター阿部一直と共にメディアアートキュレーターとして、Transmediale(ベルリン)、eyebeam(ニューヨーク)、アルス・エレクトロニカ賞審査委員(オーストリア、2000、2003)、ナム・ジュン・パイク賞審査員(ドイツ、2004)などのメディアアート関連のイベントでアドバイザーとして活動している。

研究テーマはメディア芸術表現の横断的研究、アートの可能性。

1990~2001年キヤノンアートラボ・キュレーター、森美術館アソシエイトキュレーター、NTTインターコミュニケーション・センターのキュレーターを務めた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]