嘲風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
嘲風

嘲風(ちょうほう)は、李東陽が著した『懐麓堂集』の説による竜生九子の第3子。姿は鳳凰に似て鳥の化身である。普段は険しいところを好む。遠くを眺める事を好むともされ、建物の屋根の軒の上に立っている。軒の上にいる、ということで、シーサーの起源である、という説がある。

関連項目[編集]