負屓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
負屓

負屓(ふき、拼音:Fùxì)は李東陽が著した『懐麓堂集』の説による竜生九子の第8子。文章の読み書きを好み、故に石碑の頂に絡み付いているという。

『贔』の字は財貨が多い様を表し、『屓』の字は『贔』に『尸』を付けたし、財宝を抱え込んでしまう意がある[1]。つまり、『負屓』を字義通りに解釈すると『重たい荷物を背負う』という意味になる。

出典[編集]

  1. ^ 鎌田正、米山寅太郎 『新版 漢語林』 大修館書店、1999年4月1日(原著1994年4月1日)、六版。ISBN 4469031070

関連項目[編集]