喜井黄羊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

喜井 黄羊(きい こうよう、1901年9月12日 - 1997年)は、日本画家徳島県海部郡美波町(旧由岐町)出身。

富岡鉄斎の流派を受け継いでいる日本画家で知られている。

経歴[編集]

関西芸術院を卒業後、1932年に矢野鉄山に師事。大阪美術協会常任委員監査、吹田市美術家連盟役員、吹田市展審査員、大阪美術家協会委員などを歴任。[1]

文部大臣賞や大阪府芸術文化功労賞、吹田市文化賞、徳島県由岐町名誉町民、紺綬褒章などを受賞している。

脚注[編集]

  1. ^ 喜井黄羊の詳細徳島県立近代美術館

関連項目[編集]