和田潤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和田 潤 Football pictogram.svg
名前
愛称 ベン
カタカナ ワダ ジュン
ラテン文字 WADA Jun
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-11-28) 1973年11月28日(45歳)
出身地 千葉県
身長 176cm[1]
体重 71kg[1]
選手情報
ポジション FW[1]
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1999 東京ガス / FC東京 74 (18)
1. 国内リーグ戦に限る。..現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

和田 潤(わだ じゅん、1973年11月28日 - )は千葉県出身の元サッカー選手。

来歴[編集]

1989年、市立船橋高校に入学。1991年には千葉県選抜として国体に出場し、準優勝[1]同年度の全国高校選手権ではベスト4(3位)に進出し、同期の高田昌明と共に優秀選手に選出された[1]。1992年に専修大学に進学し、1995年(4年生時)の関東大学リーグ2部で優勝を果たした。

1996年より東京ガスに入社し、同社サッカー部(現FC東京)に社員選手として入部。FWアマラオが負傷により出遅れたこともあって同年開幕戦から先発で起用されると、第3節まで3戦連続得点を挙げ、第4節では記録が途切れるものの第5節から第7節まで再び3試合連続得点を挙げる華々しいデビューを飾った。アマラオの復調以降は途中出場が多くなり、1997年は怪我で開幕に間に合わず、復帰後は主にスーパーサブとして起用される。1998年は怪我でほとんど出場できなかった[1]

1999年より「FC東京」としてJリーグに参入したが、やはり怪我がちだったことと新戦力の台頭によって出場機会は限られた。チームはJ2で2位となりJ1昇格を果たしたが、この年の12月に和田は戦力外通告を受け東京ガス社員として社業に専念することとなり現役を引退。その後はアマチュアとして東京ガス社内に再組織されたサッカー部や、フットサル[2]等でプレーした。

愛称の“ベン”は、NHK出身の映像ディレクター・和田勉がその由来となっている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1993 専修大 - - 1 0 1 0
1996 東京ガス 9 旧JFL 27 11 - 3 5 30 16
1997 24 6 - 0 0 24 6
1998 5 1 - 0 0 5 1
1999 FC東京 J2 18 0 4 0 0 0 22 0
通算 日本 J2 18 0 4 0 0 0 22 0
日本 旧JFL 56 18 - 3 5 59 23
日本 - - 1 0 1 0
総通算 74 18 4 0 4 5 82 23

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h Team Info 和田 潤 (1999年版)”. 2000年1月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月30日閲覧。 FC東京
  2. ^ ケツメイシFC メンバー紹介”. 2010年1月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月30日閲覧。 ケツメイシ
  3. ^ adiCUP出場チーム紹介

関連項目[編集]