呉鐸根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
呉鐸根
各種表記
ハングル 오탁근
漢字 呉鐸根
発音: オ・タックン
テンプレートを表示

呉 鐸根(オ・タックン、ご たくこん、大正10年(1921年6月12日) – 2013年9月15日[1])は、韓国の検察総長、法務部長官。

概要[編集]

1921年、慶尚北道義城にて出生。本貫海州呉氏。1943年、明治大学法学部卒業(戦時下の繰り上げ卒業)。史上最年少で日本の高等文官試験(後の国家公務員Ⅰ種試験)に合格。1950年、大邱地検検事に着任して以降、累進し、検察総長、法務長官などを務めた。

出典[編集]

  1. ^ 오탁근 前 법무부 장관”. 朝鮮日報 (2013年9月16日). 2014年12月23日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『東洋学文献センター』(1995 東京大学東洋文化研究所附属東洋学文献センタ)
  • 『現代韓国人名鑑』(1993 日外アソシエーツ)