吹野博志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吹野 博志(ふきの ひろし、昭和17年(1942年2月4日- )は日本実業家。元デルコンピュータ会長、元米デルコンピュータ社副社長、オレガ会長、吹野コンサルティング社長、多摩大学シニアフェロー。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

この間、株式会社ナノジオメトリ研究所取締役会長(社外取締役)、ボッシュ株式会社監査役、株式会社アフォード・ビジネス・コンサルティング顧問、一橋大学非常勤講師、社団法人如水会常務理事等を兼任している時期がある[2]

社会貢献等[編集]

2004年に財団法人一橋大学後援会に1億円を寄付し、これを受け2008年に一橋大学国際共同研究センター長に東アジア及び日本の社会科学的研究を行う「吹野プロジェクト」が立ち上げられた[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]
  2. ^ [2]
  3. ^ 国際共同研究センタープロジェクト『東アジアの安定的発展と日本の役割:グローバリーゼーション・成長の質・ガヴァナンス』(吹野プロジェクト)キックオフミーティングのお知らせ一橋大学、2008年。

外部リンク[編集]