同い年の家庭教師

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
同い年の家庭教師
동갑내기 과외하기
監督 キム・ギョンヒョン
脚本 パク・ヨンソン
原作 チェ・スワン
製作 チャン・ヨングォン
音楽 イ・ギョンソプ
撮影 チ・ギルン
編集 コ・イムピョ
配給 大韓民国の旗 CJエンタテインメント
日本の旗 エスピーオー
公開 大韓民国の旗 2003年2月7日
日本の旗 2005年4月23日
上映時間 114分
製作国 大韓民国の旗 韓国
言語 韓国語
次作 同い年の家庭教師2朝鮮語版
テンプレートを表示
同い年の家庭教師
各種表記
ハングル 동갑내기 과외하기
漢字 同甲내기 課外하기[要出典]
発音 トンガムネギ[1] クァウェハギ
英題 My Tutor Friend
(DongGabnaegi Gwaoe-hagi)[2]
テンプレートを表示

同い年の家庭教師』(おないどしのかていきょうし、原題:동갑내기 과외하기)は、2003年公開の韓国映画。原題の直訳は「同年である事、課外する事」(課外とは家庭教師の意味)。監督はキム・ギョンヒョン、主演はクォン・サンウキム・ハヌル。共演はコン・ユら。

あらすじ[編集]

裕福な家に生まれ、2年の米国留学後、二十歳になって母国韓国で2年遅れの高校生活に復帰したジフン(クォン・サンウ)。家が裕福で何不自由なく育ったためか、極めてワガママな性格で、早速番長グループに目を付けられ、ケンカをするハメになる。

一方、あまり裕福でなく、フライドチキン店を経営する母と高校生の弟との3人で暮らしている二十歳の大学生スワン(キム・ハヌル)。家計と自身の学費捻出のために家庭教師のアルバイトにいそしむも、あまり我慢づよい性格でないためか、教え子の態度が悪いと事あるごとに辞めてしまう。しかし、母から次に辞めたら親子の縁を切ると言われ、さらに「学費の足しになる」と母の知合いである裕福な家の子息の家庭教師の話を半ば強制的に受けさせられてしまう。

スワンがしぶしぶ向かった家庭教師の先…それがあのジフンの家だった。そこで待ち受けていたのは…。

ワガママ放題で真面目に勉強などする気の無いジフンと、一生懸命に勉強を教えようとするスワン。同い年ながらも対照的な立場にある二人のトンチンカンな応酬と、ジフンが次々に起こす事件に否応なく巻き込まれるスワンのドタバタ劇が始まる。

キャスト[編集]

吹き替えキャスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]