吉田忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉田 忠雄(よしだ ただお、1908年9月19日 - 1993年7月3日)は、日本の実業家で、YKKの創業者。富山県出身。魚津市黒部市の名誉市民。神奈川県藤沢市に居住していた。

来歴・人物[編集]

富山県下新川郡下中島村住吉(現在の魚津市住吉)で生まれる。魚津尋常高等小学校卒業後の1928年に上京。

古谷商店の社員を経て1934年YKKの前身であるサンエス商会を設立し、ファスナーの生産を始める。以降、YKKを世界的な企業に育て上げた。兄弟の吉田久松もYKKの設立に貢献した。

魚津町議会議員、魚津商工会議所初代会頭(1949年~)、富山地方裁判所魚津支部民事司法委員なども務めた。

持論として、「用事がある時は社長室に部下を呼ばず自分から出向く事」をモットーとしていた。吉田本人が出張中、会社に泥棒が入った際に金庫を盗まれてしまったが、それを警備担当が吉田の出張先に謝罪と報告に出向いたところ、「済んだ事は仕方ないが、わざわざ出張先にまで来るのは無駄なことだ。」と一喝したエピソードがある。

1993年7月3日、肺炎のため84歳で死去。

著書[編集]

  • 『仕事儲け人儲け - 人間吉田忠雄語録 ワールド・エンタープライズ「YKK経営」の勘どころ』(大和出版、1986年)

関連文献[編集]

  • 『善の巡環 - 世界のファスナー王吉田忠雄伝』・続(山岡荘八著、千広企画出版部、1980年)
  • 『獅子が吼える - YKK創始者吉田忠雄の生涯』(木村勝美著、リヨン社、1995年)
  • 『吉田忠雄追想録』(YKK吉田忠雄追想録刊行委員会、1995年)