吉満義彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉満 義彦(よしみつ よしひこ、1904年10月13日 - 1945年10月23日)は、日本哲学者鹿児島県出身。1928年東京帝国大学倫理学科卒。在学中、岩下壮一に出会いプロテスタントからカトリックに改宗。フランスジャック・マリタンに師事。1931年上智大学講師、東京公教神学校講師。雑誌『創造』、『カトリック研究』などに寄稿。また、戦時中の「近代の超克」企画に参画した。

著書[編集]

  • カトリシスム・トーマス・ニューマン 新生堂 1934
  • 文化倫理の根本問題 新生堂 1936
  • 文学と倫理 附・充足的ヒューマニズムの問題 十字堂書房 1937
  • 哲学者の神 みすず書房 1947
  • 詩と愛と実存 角川書店 1948 哲学選書
  • 吉満義彦著作集 全4巻 みすず書房 1948-52
  • 吉満義彦全集 全5巻 講談社 1984-85

翻訳[編集]

  • スコラ哲学序論 ジヤック・マリテン カトリック研究社 1928
  • カトリシスムの本質 カール・アダム 岩波書店 1932
  • ジャック・マリタン著作集 第1 (形而上学序論) エンデルレ書店 1948

参考[編集]

  • 日本人名大事典[1]