吉原英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
よしはら ひでお
吉原 英雄
生誕 1931年1月3日
死没 2007年1月13日
国籍 日本の旗 日本
職業 画家版画家

吉原 英雄(よしはら ひでお、1931年(昭和6年)1月3日 - 2007年(平成19年)1月13日)は、現代日本を代表する画家版画家広島県因島市出身。大阪府立天王寺高等学校卒業。京都市立芸術大学教授の後、同大学名誉教授。2007年に膵臓癌のため死去。

初期はリトグラフの制作を行なうが、後にリトグラフと銅版を併用した。女性や静物などをモチーフとし、臨場感のある虚構空間を描き出すことで知られる。作品は現代人の不安や心理的真空感を反映したものと評される[1]

略歴[編集]

著作[編集]

  • 『吉原英雄のリトグラフ』 河出書房新社 1995年11月 ISBN 4-309-71684-9

吉原英里[編集]

銅版画家の吉原英里は吉原英雄の一人娘[2]。 1959年に大阪府で生まれ、1983年嵯峨美術短期大学版画専攻科を修了する[3]。 人事院月報の平成17年4月から平成18年3月号まで表紙の絵を担当いていた[4]。 

参考文献[編集]

  • 「吉原英雄版画作品目録1955-2001」(『ふくやま美術館研究紀要』3号抜刷)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 徳島県立近代美術館 (2006年). “作家詳細情報・吉原英雄”. 2013年8月12日閲覧。
  2. ^ 小学館「サライ」2001年1月18日号 13巻2号 通巻276号 P136 定番・朝めし自慢
  3. ^ 国立国際美術館「ニュー・ウェイヴ 現代美術の80年代 New Wave,Japanese Contemporary Art of the 1980s」
  4. ^ 人事院事務総局 人事院月報 2006年3月号 P22-23「作家は技法に育てられる」

外部リンク[編集]