古高松村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「古髙松村」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
古高松村
廃止日 1940年昭和15年)2月11日
廃止理由 編入合併
屋島町古高松村木太村鷺田村太田村高松市
現在の自治体 高松市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 四国地方
中国・四国地方
都道府県 香川県
木田郡
面積 12.83km2
総人口 4,888
1940年昭和15年)2月10日
隣接自治体 屋島町平井町
木太村川添村前田村牟禮村
古高松村役場
所在地 香川県木田郡古高松村大字古高松字帰来91番地の2
座標 北緯34度20分15.1秒 東経134度6分33.2秒 / 北緯34.337528度 東経134.109222度 / 34.337528; 134.109222座標: 北緯34度20分15.1秒 東経134度6分33.2秒 / 北緯34.337528度 東経134.109222度 / 34.337528; 134.109222
 表示 ウィキプロジェクト

古高松村(ふるたかまつむら)は、香川県木田郡にあった

人口[編集]

1920年 4,499人
1925年 4,505人
1930年 4,812人
1935年 4,974人
総務省統計局 / 国勢調査1940年昭和15年))

歴史[編集]

古くから港町として開けた地域であり、村名は現在に至る市名「高松」の起こりである。近辺には古墳などの歴史的遺跡が数多く残されており、かつては水田に白壁の農家が散在する農村地帯であった。

行政区域としては1890年明治23年)2月15日町村制施行により古高松村は春日村(かすがむら)、新田村(しんでんむら)とともに山田郡古高松村(ふるたかまつむら)となり、現在の古高松地区としての区域が確定した。50年後の1940年昭和15年)2月11日には周辺自治体とともに高松市と合併し自治体としての古高松村は消滅した。合併に伴い設定された町名は、区域・名称共に合併前の大字、すなわち1890年明治23年)の町村制施行前における村の区域をそのまま継承した。

年表[編集]

高松市編入以後は「古高松」を参照

関連項目[編集]