三木郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
香川県三木郡の範囲

三木郡(みきぐん)は、香川県讃岐国)にあった

郡域[編集]

1878年(明治11年)当時の郡域は、現在の行政区画では概ね以下の区域に相当する。

郡名の由来[編集]

讃岐国高松藩の地誌である『全讃史』(中山城山[注 1] 著、1828年(文政11年)に成立)には「井戸高木に上古むろの大木あり、その高さ数十丈、よってその地を高木といい、平木に柊の古木あり、よってその地を平木といい、朝倉に山椒の大樹あり、朝日をさえぎってその里くらし、よって朝倉の里といい、朝倉山椒というもこれにより出づ。この三木あるを以て、三木郡といえり」[1][2]と記されている。

歴史[編集]

古代[編集]

[編集]

和名類聚抄』に記される郡内の郷[3]。右は比定地。

  • 井門(いど)郷  - 三木町大字井戸(いど)
  • 高岡(たかおか)郷  - 三木町大字上高岡(かみたかおか)、三木町大字下高岡(しもたかおか)
  • 氷上(ひかみ)郷  - 三木町大字氷上(ひかみ)
  • 田中(たなか)郷  - 三木町大字田中(たなか)
  • 井上(いのへ)郷  - 三木町大字井上(いのえ)、三木町大字平木(ひらぎ)、三木町大字鹿伏(ししぶせ)
  • 池辺(いけのへ)郷  - 三木町大字池戸(いけのべ)
  • 武例(むれ)郷  - 高松市牟礼町牟礼(むれちょうむれ)
  • 幡羅(はら)郷  - 高松市牟礼町原(むれちょうはら)
  • 山下里

『和名抄』にない山下里は、平城宮の東院南門(推定建部門)外の溝跡から発見された荷札と考えられる木簡に「讃岐国三木郡山下里」と記されていた。溝の年代により、奈良時代前半にはあったと推定される[4]

式内社[編集]

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
三木郡 1座(小)
和爾賀波神社 ワニカハ   (論)引宮神社 香川県木田郡三木町井上 天野神社境外末社
(論)鰐河神社 香川県木田郡三木町下高岡
(論)白山神社 香川県木田郡三木町下高岡
(論)和爾賀波神社 香川県木田郡三木町井戸
凡例を表示
  1. ^ 江戸後期の儒学者高松藩が召し抱えた藩儒のひとり。1763年 - 1837年

近代[編集]

  • 明治初年時点では全域が高松藩領であった。「旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点に存在した村は以下の通り。(20村)
牟礼村、大町村、原村、池戸村、井上村、平木村、鹿伏村、田中村、下高岡村、氷上村、井戸村、上高岡村、西鹿庭村、東鹿庭村、西朝倉村、東朝倉村、西小蓑村、東小蓑村、西奥山村、東奥山村
  • 1871年(明治4年)
  • 1873年(明治6年)2月20日 - 名東県の管轄となる。
  • 1874年(明治7年)(16村)
    • 西鹿庭村・東鹿庭村が合併して鹿庭村となる。
    • 西朝倉村・東朝倉村が合併して朝倉村となる。
    • 西小蓑村・東小蓑村が合併して小蓑村となる。
    • 西奥山村・東奥山村が合併して奥山村となる。
  • 1875年(明治8年)9月5日 - 香川県(第2次)の管轄となる。
  • 1876年(明治9年)8月21日 - 第2次府県統合により愛媛県の管轄となる。
  • 1878年(明治11年)12月16日 - 郡区町村編制法の愛媛県での施行により、行政区画としての三木郡が発足。「三木山田郡役所」が池戸村に設置され、山田郡とともに管轄。
  • 1881年(明治14年) - 「三木山田郡役所」の廃止により「大内寒川郡役所」(寒川郡津田村)が「大内寒川三木郡役所」に改組され、大内郡・寒川郡とともに管轄。
  • 1888年(明治21年)12月3日 - 香川県(第3次)の管轄となる。
1.奥鹿村 2.田中村 3.氷上村 4.下高岡村 5.井戸村 6.平井村 7.牟礼村(紫:高松市 桃:三木町 水色:さぬき市。11 - 22は山田郡)

備考[編集]

[編集]

  1. ^ 中山城山著・青井常太郎訳『国譯 全讃史』藤田書房、1937年6月20日原本初版発行、1972年8月1日復刻初版発行。P.19
  2. ^ 中山城山著・桑田明訳『口訳 全讃史』城山会・美巧社、1991年2月24日初版発行。P.16
  3. ^ 源順・撰『和名類聚抄』五、巻第9、讃岐国第122、那波道円による1617年の刊本、国立国会図書館デジタル化資料を2013年11月に閲覧。
  4. ^ 舘野和己「奈良・平城宮跡」、『木簡研究』第22号、2000年。
  5. ^ コトバンク - 田中広虫女

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
木田郡