古川凱章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古川 凱章(ふるかわ がいしょう、本名はよしあき1938年1月17日 - 2016年1月1日 )は、競技麻雀の元プロ雀士101競技連盟の創設者。トッププロとして長年に渡り活躍した。神奈川県横浜市出身。神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校早稲田大学卒業。2016年1月1日逝去。

プロフィール[編集]

日本におけるプロ雀士のパイオニアとしてその名を知ることが出来る。プロの雀士になる以前は小学館に勤めていた[1]。しかし麻雀に没頭して2年で退社し、無職の雀ゴロ生活を送っていたという[1]1970年阿佐田哲也小島武夫と「麻雀新撰組」を結成[2]。阿佐田から「新しい麻雀集団を作らないか」との誘いを受けた小島武夫は、メンバー候補としてまっ先に古川凱章を思い浮かべたという[1]。当時、古川はすでに日本麻雀連盟に所属しており、小島が勤めていた神田の雀荘「アイウエオ」の常連で、アマチュアタイトル「東京牌王位戦」のチャンピオンであった[1]。古川は2つ返事で小島の誘いに乗り、小島は古川を阿佐田に引き合わせた[1]。以後1974年に麻雀新撰組が解散するまで、古川・阿佐田・小島は行動を共にすることとなる。

1982年に101競技連盟の前身「順位戦101」を主宰。1985年からは一時、「近代麻雀」の編集長も務めていた。1987年101競技連盟を発足。点数ではなく順位によるその評価法は、競技麻雀に新たな一面を開いた。専ら同団体の運営に努めた(1988年 相談役)。現役時代は「体勢論」[3]という流れを重視する打ち筋で一般の打ち手はもちろんのこと、プロ雀士にも大きな影響を与えた。

2009年7月三重テレビ小島武夫の実戦リーチ麻雀」に出演。小島武夫と熱い対戦を繰り広げた。

著書[編集]

作品名 出版社 出版年月日 備考
麻雀中級入門 山海堂 1972年 阿佐田哲也と共著
麻雀仕掛け打ち 桃園書房 1974年
古川凱章の麻雀入門 池田書店 1977年1月
古川凱章のパーフェクト麻雀 基礎編 竹書房 1977年
だれも教えてくれない麻雀セオリーの罠 鶴書房 1978年
麻雀の定石 主婦の友社 1978年11月
マージャンがぐんぐん強くなる ごま書房 1985年8月

漫画原作[編集]

作品名 作画 出版社 出版年月日 備考
四暗刻のリカ きしもとおさむ リイド社 1978年10月25日
麻雀ジョンガラ節 武本サブロー リイド社 1985年6月10日
雀狼(ジャンブラー)たちのライセンス 武本サブロー リイド社 1巻・1985年12月28日 6巻・1987年5月17日 全6巻

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 小島武夫『ろくでなし -伝説のミスター麻雀、酒と女とカネの無頼75年-徳間書店、2010年、p133-p134。ISBN 978-4198630874
  2. ^ 「麻雀新撰組 in the 70s'」『近代麻雀』第30巻第7号、竹書房、2008年3月、 11から14ページ。
  3. ^ 小島武夫『ろくでなし -伝説のミスター麻雀、酒と女とカネの無頼75年-徳間書店、2010年、p176。ISBN 978-4198630874小島の著書によれば、「体勢論」では「満貫を振り込んだら次局は手が落ちる」と考える。

関連項目[編集]