古寺雅男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古寺 雅男(こでら まさお、1931年- )は、日本の教育哲学者立命館大学名誉教授

人物[編集]

東京都出身。1954年京都大学教育学部卒業。60年同大学院教育学研究科博士課程単位取得退学、大谷中学校教諭、成安女子短期大学講師。ボン大学に学び、立命館大学文学部助教授、教授。1997年定年[1]

著書[編集]

  • 『日本人の生活意識と道徳 70年代の方向へむけて』法律文化社 1973
  • 『自我の教育学』法律文化社 1976
  • 『日記 自己形成の試み』法律文化社 1978
  • 『教育実習 実習が教師をつくる』協同出版 教職課程新書 1981
  • 『日本国民教育序説』法律文化社 1982
  • 『生活指導の基本原理 自己形成の哲学』法律文化社 1987
  • 『新・天才論 教育学からのアプローチ』ミネルヴァ書房 Minerva21世紀ライブラリー 1996

共編[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『新・天才論』著者紹介