中内敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中内 敏夫(なかうち としお、1930年11月25日 - 2016年3月22日)は、日本の教育学者一橋大学名誉教授。明治期教育史などを研究。

経歴[編集]

高知県吾川郡弘岡中ノ村(現高知市)生まれ。京城に育ち、敗戦で帰国。1954年京都大学教育学部卒業。61年東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。70年「生活綴方成立史にあらわれた郷村共同体思想と教育方法の研究」で教育学博士(東京大学)。

59-65年成蹊学園教師、65年國學院大學専任講師、67年助教授、71年お茶の水女子大学教育学部助教授、75年教授、84年一橋大学社会学部教授、94年定年退官、中京大学教授。2002年退職。 1980-81年パリに学びフィリップ・アリエスに師事。

著書[編集]

  • 『生活綴方成立史研究』明治図書出版 1970
  • 『学力と評価の理論』国土社 1971
  • 『近代日本教育思想史』国土社 1973
  • 『生活綴方』国土社 1976 国土新書 
  • 『教材と教具の理論』1978 有斐閣ブックス
  • 『学力とは何か』1983 岩波新書
  • 『指導過程と学習形態の理論 教育原論Ⅲ』明治図書出版 1985 現代授業論双書
  • 『日本教育のナショナリズム』第三文明社 1985 レグルス文庫
  • 『新しい教育史 制度史から社会史への試み』新評論 1987
  • 『教育学第一歩』岩波書店 1988
  • 『軍国美談と教科書』1988 岩波新書
  • 『教育思想史』1998 岩波テキストブックス
  • 中内敏夫著作集』全8巻 藤原書店 1998-2001 
1 「教室」をひらく 新・教育原論 木村元,斎藤里美,田中耕治編 1998
2 匿名の教育史 木村元,久冨善之,田中耕治編 1998 
3 日本の学校 制度と生活世界 木村元,仲嶺政光編 1999
4 教育の民衆心性 上野浩道,小川年史,橋本紀子編 1998
5 綴方教師の誕生 上野浩道ほか編 2000
6 学校改造論争の深層 内島貞雄,久冨善之,仲嶺政光編 1999
7 民衆宗教と教員文化 小川年史ほか編 2000
8 家族の人づくり 18-20世紀日本 小野健司編 2001
  • 『中内敏夫画集 南城書画集抄』私家版、2003
  • 『教育評論の奨め』国土社 2005
  • 『生活訓練論第一歩』日本標準 2008
  • 『学力の社会科学』大月書店 2009

共編著[編集]

  • 『日本の学校』勝田守一共著 1964 岩波新書
  • 『教科経営の創造』小学校一年生~中学校三年生 滝沢武久,竹内常一共編 国土社 1969 教科経営シリーズ
  • 『日本の教師』全6巻 川合章共編 明治図書出版 1969-74 
  • 『現代教育学の基礎知識』1-2 編集代表 中内,堀尾輝久,吉田章宏 1976 有斐閣ブックス
  • 『民間教育史研究事典』民間教育史料研究会,大田尭共編 評論社 1976
  • 『教育学概論』編 1977 有斐閣双書
  • 『学力モデルと授業の創造』遠藤豊共編 日本標準 1983 現代教育問題シリーズ
  • 『これからの教育評価 たしかな学力と発達を保障する』三井大相共編 1983 有斐閣選書
  • 『子どもを伸ばす形成的評価』溝田六郎共編 日本標準 1984 現代教育問題シリーズ
  • 『人間形成の全体史 比較発達社会史への道』関啓子,太田素子共編 大月書店 1998
  • 『人間形成論の視野』小野征夫共編 大月書店 2004

翻訳[編集]

  • D.M.ベセル『価値創造者 牧口常三郎の教育思想』谷口雅子共訳 小学館 1974 100万人の創造選書
  • フィリップ・アリエス『<教育>の誕生』森田伸子共編訳 新評論 1983

参考[編集]

  • 中内敏夫教授略歴『一橋論叢』1995:[1]