友野宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

友野 宏(ともの ひろし、1945年7月13日 - )は、日本の実業家長野県出身。住友金属工業の最後の社長で、新日鐵住金初代社長兼COO・現相談役。元日本経団連副会長。

来歴[編集]

京都府立桂高等学校を経て京都大学工学部卒業、京都大学大学院工学研究科修士課程修了。1971年、住友金属工業に入社。1979年にスイス連邦工科大学工学博士号を取得。2005年、社長に就任。2012年10月、新日本製鐵と住友金属工業の経営統合により発足した新日鐵住金の代表取締役社長兼COOに就任した[1][2]。しかし、会長兼CEOの宗岡正二とともに、前身企業からのトップ在任期間が長きにわたることから、2014年4月1日付で代表権のある副会長に就任し、翌年には相談役に退いた。2009年に1億2200万円の役員報酬を、2013年1億600万円の役員報酬を受けた[3]

産業技術短期大学の理事長でもある。

略歴[編集]

脚注[編集]

先代:
初代
新日鐵住金社長
2012年 - 2014年
次代:
進藤孝生
先代:
下妻博
住友金属工業社長
2005年 - 2012年
次代:
合併
先代:
林田英治
日本鉄鋼連盟会長
第15代: 2012-2014
次代:
林田英治