宗岡正二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宗岡 正二(むねおか しょうじ、1946年5月3日 - )は、日本の実業家新日鐵住金代表取締役会長。全日本柔道連盟会長。

人物[編集]

山口県下関市出身[1]東京都立小山台高等学校を経て、東京大学農学部農業経済学科を卒業、新日鐵住金の前身である新日本製鐵に第1期生として入社。2008年4月より三村明夫前社長(現相談役)より社長職を引き継ぐ[2]。2012年10月より住友金属工業との合併に伴い創立した統合会社の新日鐵住金の代表取締役会長兼CEOに就任した。2014年4月、同社代表取締役会長専任となった。2009年1億7060万円の役員報酬を、2013年1億600万円の役員報酬を受けた[3]

柔道に関するエピソード[編集]

東大時代には柔道部で主将を務めた。柔道三段[4]。2011年より、全日本実業柔道連盟会長に就任している[5]。2013年8月21日には上村春樹の後任として全日本柔道連盟の第4代会長に選出された。衆議院議員原田義昭は高校、大学時代の柔道部の先輩であり、原田自身も大学卒業後、一時新日鐵に勤務していた。

2013年8月全柔連会長に就任[6]、不祥事の相次いだ連盟の改革を主導している[7][8][9][10]

略歴[編集]

  • 1970年:新日本製鐵入社(富士製鐵採用)
  • 1999年:同社取締役秘書部長委嘱
  • 2003年:同社常務取締役
  • 2005年:同社代表取締役副社長
  • 2008年:同社代表取締役社長
  • 2012年:新日鐵住金代表取締役会長兼CEO
  • 2014年:同代表取締役会長

主な公職[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
初代
新日鐵住金会長
2012年 -
次代:
現職
先代:
三村明夫
新日本製鐵社長
2008年 - 2012年
次代:
合併
先代:
馬田一
日本鉄鋼連盟会長
第13代: 2008-2010
次代:
林田英治