友山茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

友山 茂樹 (ともやま しげき、1958年9月2日 - ) は日本実業家トヨタ自動車執行役員、Chief Information & Security Officer 兼 Chief Production Officer、GAZOO Racingカンパニープレジデントトヨタコネクティッド代表取締役社長

人物・経歴[編集]

埼玉県生まれ。1981年群馬大学機械工学科卒業し、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)に入社。生産技術部配属。1991年にトヨタ生産方式を担当する生産調査部に異動。同部で係長を務めていた豊田章男(のちに第11代トヨタ自動車社長)の知遇を得る。その後、1998年に豊田章男とともにGAZOO.comを立ち上げ、2000年にはe-TOYOTA部やガズーメディアサービス(現トヨタコネクティッド)を設立し、トヨタ自動車のIT事業を開始させた。2002年G-BOOKを開設。2003年からシンガポールのトヨタ モーター アジア パシフィックに出向経営大学院に留学[1][2][3]

トヨタ自動車e-TOYOTA部部長広汽トヨタ自動車出向を経て、2007年、当時副社長を務めていた豊田章男とともにGAZOO Racingの立ち上げにあたった。2010年トヨタ自動車常務役員。2011年事業開発本部長情報事業本部長兼情報システム本部長兼IT本部長。2015年から専務役員、2018年から副社長として、事業開発本部長及び情報システム本部長、コネクティッドカンパニーPresident、Chief Information Security Officer、渉外・広報本部統括、GRカンパニーPresident、TPS本部長を務める[4][5]

2020年の役員体制の変更に伴いトヨタ自動車執行役員、Chief Information & Security Officer 兼 Chief Production Officerに就任。

豊田章男同様クルマ好きで知られる(友山曰く、豊田は運転好きで自分はメカ好きという)[6]。愛車はロールケージ織戸学の『RIDOX』製バンパーなどを装着し、HKS製タービンのTO4Zで600馬力にチューニングした1997年型スープラ[7][8]。また2017年のTGRF(TOYOTA GAZOO Racingフェスティバル)ではTS050 HYBRIDを自らの手でドライブした[9]

出典[編集]

  1. ^ 「友山 茂樹 氏」トヨタコネクティッド
  2. ^ 「友山 茂樹」トヨタ自動車
  3. ^ 「卓話 低炭素・省エネルギー社会の実現と 自動車の未来」名古屋中ロータリークラブ
  4. ^ 「副社長友山 茂樹」トヨタ自動車
  5. ^ 「新生「トヨタコネクティッド」のキーマン研究代表取締役社長 友山茂樹氏が面白い【コラム】」web.motormagazine
  6. ^ GR magazine vol.2 限定150台のVits GRMNを一番乗り 三栄書房刊行 平成30年6月3日
  7. ^ 今年もやってます!自工会主催の出前授業 トヨタの友山専務が東京理科大で講演
  8. ^ トヨタのCIOが語るConnected CarとAzure、これからのIT屋
  9. ^ トヨタGRカンパニー社長、TS050を試走「いつかWEC技術を市販車に」