卵黄嚢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
人間の(2.6mm
人間の(31 -34日目)

卵黄嚢(らんおうのう、Yolk sac、Vitelline sac、Saccus vitellinus)は、魚類羊膜類などの妊娠期における、卵黄を包む膜状の嚢([1][2]

人間の卵黄嚢[編集]

卵黄嚢という名称であるが、(魚類などと違い)嚢内に卵黄はなく、液が入っている[3]

胎生して約2週目で、ヒューザー膜(ホイザー膜、胚外体腔膜とも呼ぶ)で覆われた一次卵黄嚢が形成され、卵黄嚢壁に「血島」(血管や血球の原基)ができる。ここでの造血活動は卵黄嚢造血と呼ばれ、胎生10日~2ヶ月の間の造血が行われる[4][5]

一次卵黄嚢 primary yolk sac(原始卵黄嚢 primitive yolk sac)は縮んで消滅するが、二次卵黄嚢 secondary yolk sacもできる[3]

最終的に、二次卵黄嚢の背方部は原腸となり、他は萎縮する[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]