原腸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二胚葉動物の原腸陥入:(1)胞胚から(2)原腸胚の形成。外胚葉細胞(オレンジ)の一部は内側に移動して内胚葉(赤)を形成する。

原腸(げんちょう)とは(: archenteron,: Urdarm)とは胞胚において原腸胚形成中に形成される嚢状の構造。胚葉の区分としては内胚葉にあたる。消化管の原基であり、基本的には消化管に発達する。