危険犬種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
口輪と引き紐を装着したアメリカン・ピット・ブル・テリア

危険犬種(きけんけんしゅ)は、人や他の動物に危害を加える恐れが高いため、法律または条例によりペットとして飼うことが禁止されているか、飼い方が制限されている犬種である。

各国における規制[編集]

英国[編集]

危険犬種の飼育を規制する法律の代表的な例としては、英国の1991年危険犬種法(Dangerous Dogs Act 1991)が挙げられる。この法律は、下記の4つの犬種について、繁殖、販売、交換等を禁じるとともに(Section 1(2))、例外を除いては所有することも禁じている(Section 1(3))。また、所有する場合には公の場では口輪を着用し、引き紐を付けることを義務づけている(Section 1(2)(d))[1]

日本[編集]

の飼い方やその規制について明確に規定した法律はない。動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護管理法)においては、特定動物の飼育を規制しているが、イヌは種全体としてもそのうちの一部の犬種としても特定動物に指定されていない。

茨城県[編集]

一方、各都道府県および市町村においては、条例によって規制している例がある。例えば、茨城県の「茨城県動物の愛護及び管理に関する条例」および施行規則では、以下の要件を満たす犬を「特定犬」として指定している(条例第2条5号)。

そして、同条例で特定犬を飼う際には、以下の項目を遵守することが義務づけられている。

  • 出入口などの見やすい箇所に「特定犬」と書かれた標識(シール)を掲示すること(条例第9条・施行規則第10条)
  • の中で飼うこと(条例第2条6号・第5条)[3]

脚注[編集]

  1. ^ Dangerous Dogs Act 1991 Table of Contents
  2. ^ The Dangerous Dogs (Designated Types) Order 1991 Articl 2
  3. ^ 特定犬以外については、檻以外に、柵等の囲いの中で飼うことや、鎖等でつなぐことも認められているが、特定犬については檻の中で飼うことしか認められていない。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]