危険思想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
危険人物から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

危険思想(きけんしそう)とは、国家社会の存立や発達に危険な影響を及ぼすとみなされるような思想に対する呼称[1]

概要[編集]

何を「危険」とみなすかは国、時代、立場などにより異なるが、一般的には当時の社会において急進主義的または過激主義的な傾向を持つと考えられた政治思想哲学宗教民族主義などに対して使用される場合がある。

近代以前の多くの社会では民主主義自由主義平等主義などは危険思想とみなされた。また近代以降は政治的な極左極右全体主義などが危険思想と呼ばれる場合がある。

日本[編集]

日本では明治30年代以降に「思想」は人生問題を中心とする内心の煩悶を示す言葉ともなり、西欧近代思想が本格的に研究されると広く社会問題を論じ社会改革を主張するものを特に「思想」と呼ぶようにもなり、更に「危険思想」などの言葉が生まれた[1]。「民主主義」は天皇制に反するとして「民本主義」との訳語も使用された。

大日本帝国憲法では表現の自由などは「法律ノ範囲内ニ於テ有ス」(第29条)とされ、思想信条の自由も法律の制限がかけられた。治安警察法治安維持法は当初は無政府主義社会主義などに適用されたが、次第に自由主義や政府批判なども官憲の取締り・弾圧対象となった。

1920年代に芥川龍之介は『侏儒の言葉』で以下を記した。

危険思想とは常識を実行に移そうとする思想である。 — 芥川龍之介侏儒の言葉[2]

1933年の滝川事件(京大事件)では右翼民政党議員が滝川を批判し、後に久野収は以下の回顧を記した。

京大事件の一番目立った特色は危険思想の内容がもはや共産主義やマルクス主義といった嫌疑にあるのではなく、国家の現状を百パーセント肯定せず、いわゆる国家に批判的な態度をとる学者たちの思想内容に及んできたという事実 — 久野収[3]

第二次世界大戦終結後、1946年6月に国会で第1次吉田内閣文部大臣田中耕太郎は以下発言を行った。

我が國に於きまして、軍國主義の下で、個人の自由とか人格と完成とかを口に出しますと、軍閥や當時の文教の府が、それを自由主義、個人主義と云ふやうな危險思想として彈壓致したのであります、我々は、個人の人格を無視する暴力的秩序に依りまして保たれた獨裁的恐怖政治は、絶對に排斥されなければなりませぬ、併しながら人間の本性に由來する秩序は、是は儼として維持しなければならないのでございます(後略) — 田中耕太郎 第90回帝国議会 衆議院 本会議 第4号 1946年6月24日

1947年発効の日本国憲法では思想・良心の自由が明記され、法的には「危険思想」は存在しなくなった。しかし1950年に単独講和を進める内閣総理大臣吉田茂は、全面講和を主張する日本社会党に対して以下発言を行い、国会等で議論となった

社会党のいう全面講和は空念的、危険思想である。エデンの花園を荒らす者は天罰覿面

国民民主党井出一太郎は国会で吉田に以下批判を行った。

首相は、自己の好みに合わざるものはことごとく曲学阿世であつて、全面講和や永世中立論は危險思想である、かように心得ておられるのでありましよう。これらは驚くべき独善であり妄断であります。 — 井出一太郎 第8回国会 衆議院 本会議 第5号 1950年7月17日

脚注[編集]

  1. ^ a b 危険思想 - コトバンク(デジタル大辞林、精選版・日本国語大辞典)
  2. ^ 侏儒の言葉』 - 青空文庫
  3. ^ 井ヶ田良治・原田久美子「京都府の百年」山川出版社 p180-183

関連項目[編集]