「博多町家」ふるさと館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
博多町家ふるさと館から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
「博多町家」ふるさと館
Hakata-Machiya Furusato Museum 20170918.jpg
博多町家ふるさと館
「博多町家」ふるさと館の位置(福岡市内)
「博多町家」ふるさと館
情報
用途 体験型学習施設
所在地 812-0039
福岡市博多区冷泉町6-10
座標 北緯33度35分37.4秒 東経130度24分41.2秒 / 北緯33.593722度 東経130.411444度 / 33.593722; 130.411444座標: 北緯33度35分37.4秒 東経130度24分41.2秒 / 北緯33.593722度 東経130.411444度 / 33.593722; 130.411444
文化財 福岡市指定文化財(旧三浦家住宅として)
テンプレートを表示

「博多町家」ふるさと館(はかたまちやふるさとかん)は、福岡県福岡市博多区にある体験型学習施設。

概要[編集]

当施設は明治中期に博多織織元の住居兼工房として利用されていた施設を櫛田神社にほど近い櫛田裁縫学校跡地に移設したものであり、「町家棟」「みやげ処」「展示棟」の3棟から構成されている[1][2]

館内では博多織博多人形など博多の伝統工芸品の制作実演および機織り・絵付け等の体験が行われているほか、明治・大正時代の博多の文化、人々の生活などを紹介している。また、「みやげ処」ではその名の通り博多銘菓などの土産物を多数販売している[3]

館長を務めるのは漫画家の長谷川法世。なお、当施設の建物は「旧三浦家住宅」として福岡市指定文化財としての扱いを受けているが(三浦家は前述の博多織織元)、長谷川は三浦氏とは小学校時代の同級生であったことを明かしている[2][4]

利用情報[編集]

  • 所在地
福岡市博多区冷泉町6-10
  • 入館料
一般200円、中学生以下は無料
  • 開館時間
5月〜10月 9時00分 - 17時00分
11月〜4月 10時00分 - 18時00分
  • 休館日
月に1回(不定期)・年末(12月29日〜12月31日)

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]