博多井筒屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
井筒屋 > 博多井筒屋
株式会社博多井筒屋[1]
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
812-0012[1]
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号[1]
設立 1965年昭和40年)12月6日[1]
業種 小売業
事業内容 百貨店
代表者 代表取締役社長 中村眞人[1]
資本金 1億円(設立時)[1]

3億円(1967年
(昭和42年)11月増資)[1]

4億円
1971年(昭和46年)7月増資)[1]
決算期 2月[1]
主要株主 井筒屋[2]博多ステーションビル[2]
テンプレートを表示
博多井筒屋
Hakata IZUTSUYA
Hakata-sta-hakataguchi.jpg
博多井筒屋が入居していた頃の博多駅ビル(右側)
店舗概要
所在地 812
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号
開業日 1966年(昭和41年)5月1日[2]
閉業日 2007年3月31日
正式名称 博多ステーションビル[3]
施設所有者 株式会社博多ステーションビル
施設管理者 株式会社博多井筒屋
商業施設面積 16,511 m²
店舗数 IZUTSUYAと-の専門店
営業時間 10:00 - 20:00
前身 大光百貨店[2]
後身 博多阪急(改築後の核店舗)[4][5]
最寄駅 JR鹿児島本線博多駅
福岡市地下鉄空港線博多駅
IZUTSUYA
テンプレートを表示

株式会社博多井筒屋(はかたいづつや)は、かつて福岡県福岡市のJR博多駅博多口にあった日本の百貨店[2]、地場大手百貨店井筒屋の子会社。

概要[編集]

博多井筒屋が入居していた博多駅旧駅ビルは、国鉄時代の1963年(昭和38年)に今の福岡市営地下鉄祇園駅付近から現在地に同駅が移転した際に開業した。

1964年(昭和39年)3月に3階から6階にユニードの母体企業を経営していた渕上家が「大光百貨店」を[6]、2階に専門店街として「専門大店」(32店)が同時に開業したが[6]、開業からまもなく1964年(昭和39年)7月に「大光百貨店」は撤退した[2]

このため、駅ビルの運営会社である博多ステーションビルが後継テナントを探していたところ、福岡市への進出を目指していた井筒屋が名乗りを上げた。

博多ステーションビルと株式会社井筒屋が共同して[2]1965年昭和40年)12月6日株式会社博多井筒屋を設立[1]、翌1966年(昭和41年)5月1日に店舗営業を開始した[2]

博多駅ビルには他に核となる大型の商業施設が無かったこともあり、以後およそ40年にわたって、博多駅周辺地域の商業拠点として旅行客や駅周辺で働く人達に利用された。井筒屋としても、赤字店ではあったものの連結売上高には大きく貢献していたことから、県都・福岡市における拠点として小倉・黒崎の北九州2店とともに重要視していた[要出典]

九州旅客鉄道(JR九州)が九州新幹線の博多駅乗り入れに伴う新駅ビルを建設する方針を決定した際に、井筒屋側は百貨店として引き続き入居を希望したが[7]、核テナントは阪急百貨店博多阪急)となった[4]

井筒屋は2005年(平成17年)1月26日に社長名の文書で「新駅ビルへの核百貨店としての出店について前向きに検討したい」などと営業継続を求めていた[7]

他社に優先して交渉することを主張した井筒屋の訴えで福岡簡易裁判所で同年12月に第1回、2006年(平成18年)1月31日に第2回の調停が行われたが、九州旅客鉄道も他社と同列に扱う方針を曲げず溝が埋まらなかったため、調停は決裂しかけた[8]

しかし、最終的には補償金45億円を受領して退去することになり[4]2007年(平成19年)3月31日に博多井筒屋は閉店した[5]

閉店に伴い、井筒屋は株式会社博多井筒屋を解散し法人としても消滅した。このため、福岡市での事業については井筒屋本体が手がけることとなり、2007年(平成19年)11月2日に本体直営店「SALON DE IZUTSUYA U」を博多リバレインイニミニマニモへ出店したが、売り上げ不振が続き2009年(平成21年)6月30日に閉店、福岡市内から完全に撤退した[要出典]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 72 
  2. ^ a b c d e f g h 『福岡市史 第7巻 昭和編後編(3)』 福岡市、1974年5月、48-49頁。 
  3. ^ 福岡商工会議所「福岡市商店街マーケット名簿」(1980年)
  4. ^ a b c “博多シティ 初日22万人 行列1300人、徹夜組も 正式開業 九州の流通競争 新時代”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2011年3月4日) 
  5. ^ a b “九州の玄関口、41年の歴史に幕 博多の井筒屋閉店”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2007年4月1日) 
  6. ^ a b 『福岡市史 第7巻 昭和編後編(3)』 福岡市、1974年5月、12頁。 
  7. ^ a b “JR博多新駅ビル百貨店、コンペで選定”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2005年1月27日) 
  8. ^ “博多駅再開発 JR九州・井筒屋、決裂も”. 日経MJ (日本経済新聞社). (2006年2月3日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]