川名南城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
南分城から転送)
logo
川名南城
愛知県
城跡とされる昭和警察署
別名 御器所南城、南分城
城郭構造 平城
築城主 佐久間彦五郎
築城年 不明
主な城主 佐久間氏
廃城年 天正12年(1584年
遺構 なし(埋没)
指定文化財 未指定
埋蔵文化財
包蔵地番号
県遺跡番号009036[1]
位置 北緯35度08分56.2秒 東経136度56分40.4秒 / 北緯35.148944度 東経136.944556度 / 35.148944; 136.944556
地図
川名南城の位置(愛知県内)
川名南城
川名南城
テンプレートを表示

川名南城(かわなみなみじょう)は現在の愛知県名古屋市に存在した日本の城平城)である。

歴史[編集]

城主は佐久間彦五郎天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いの際に、太平寺と共に焼失した[2]

現在の状況[編集]

現在の昭和警察署のあたりが城跡である。跡も明治初期まで残されていた。現在は地表上には何も残っていないが、県遺跡番号009036として埋蔵文化財包蔵地になっている[1]

規模[編集]

東西約63メートル、南北約54メートル[3]

所在地[編集]

愛知県名古屋市昭和区広路通5丁目

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]