川名北城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
川名北城
愛知県
別名 百華堂城
城郭構造 平城
築城主 佐久間半左衛門
築城年 承久3年(1221年)以降
主な城主 佐久間氏
廃城年 不明、天正12年(1584年)?
遺構 なし(埋没)
指定文化財 未指定
埋蔵文化財
包蔵地番号
県遺跡番号009035[1]
位置 北緯35度09分04.3秒 東経136度56分44.0秒 / 北緯35.151194度 東経136.945556度 / 35.151194; 136.945556
地図
川名北城の位置(愛知県内)
川名北城
川名北城
テンプレートを表示

川名北城(かわなきたじょう)は現在の愛知県名古屋市に存在した日本の城平城)である。

歴史[編集]

佐久間半左衛門が築城した。承久3年(1221年承久の乱で敗れた後、佐久間氏はこの地に移り住んだ。天正12年(1584年小牧・長久手の戦いの際に建物は焼失した。

現在の状況[編集]

現在、城跡は宅地になり遺構は地表上には何も残っていないが、県遺跡番号009035として埋蔵文化財包蔵地になっている[1]

規模[編集]

東西約65メートル、南北約73メートル[2]

所在地[編集]

愛知県名古屋市昭和区川名本町6丁目

脚注[編集]

関連項目[編集]